≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【光麺食堂】



◆酸辣タンメン 730円

◆えいけん的ランク:"B"



◆あの『光麺』が食堂コンセプトの店を開店したっちゅーことで、早速行ってみました。体にやさしい食材にこだわった「毎日食べられる中華」とゆーテーマらしい。メニューは中華系定食や丼モノのラインナップが揃ってて、なんや”らしく”ないな~…看板やった『光麺』そのものもないし。でもそんな中、ちょっと変わった感じのメニューがひとつあったので、ブログネタに試してみっか!と店内へ。

オーダーしたのは『酸辣(スーラー)タンメン』。素らーめんにタケノコや細切り鶏肉、卵とじといったおもろい具材が乗ってて、全体にはたっぷりのラー油がかかってる。さて、まずはスープを、とレンゲを入れてみると、それがどーやら餡のようで、全体的にとろみが強い。変わってるなと口へ運ぶと、まるでスープ炒飯の餡そのもの!胡椒が効いててコクがあって、これはヤバウマかも・・・!!

気を取り直して麺に手を出す。む、餡が絡まってて箸で取りづらい。そしてその味は、ラー油に加えて”酢”が染み込んでて、辛味と酸味、ちょい甘みがミックスされたこれまたインパクトの強い味や。スープだけとか、麺だけを食べるより一気に食べることでその味はさらに強烈になります。また餡に絡まった麺は熱が逃げないので最後まで熱々で食べられました。



・・・『酸辣タンメン』、文字通りのらーめんやった。具材に頼らず、味付けと麺そのもので楽しめる非常に変わったタイプのらーめんで、おいら的にかなり衝撃的でした。味もらーめんというより中華寄りなとこがよかった。・・・ただ、味付けそのものはおいらには濃すぎて、後半ちょっとキツかった。湯気まで酢の香りが立ち込めてて、酸味を抑えるにはラー油を入れて辛味を増すしかないわけで、も少しデフォルトで薄めの味付けやったら、総合的におそらく”A”評価になってたと思う。それだけ最初のインパクトが素晴らしかったんやけどね。また何かの機会に試してみようと思う。



◆西武新宿駅から東側の出口へそれて、駅から信号渡ったすぐ先にある歌舞伎町方面の路地へ入り、ちょっと行った左側。

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-22-3/最寄り駅:西武新宿駅
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。