≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【小法師】



◆焼豚らーめん 780円

◆えいけん的ランク:"B"



◆この小法師とは姉妹店である『坂内』新宿店というのがあるんやけど、おいらが覚えてる限り、ここが東京で意識的にらーめん食べ歩きを開始した最初の店やった気がする。東京には全国のらーめんが集結してて、喜多方らーめんも地方出身の個性的ならーめんや。写真のとおり焼豚らーめん(チャーシュー麺のこと)は丼を覆い尽くすほどのちゃーしゅーが敷き詰められてて、『何やこれ・・・麺が見えんど!!』と、けちな概念を突っぱねた、衝撃的かつ感動的な発想やと思いました。

さてこのらーめん、喜多方らーめんのスタンダードとも言える鶏ガラしょうゆ味で、これに焼き豚の旨みがプラスされた、見た目のすっきりした色とはうらはらに、結構しっかりした味のするスープです。化学調味料がやや多いのか、前半はいいけど、後半はちょっと舌が鈍ってしまうのが難点。焼豚は柔らかい煮豚が15枚位乗ってて、満足感たっぷり。他にはメンマとネギが乗ってるけど、焼豚のインパクトが強くてあまり印象がないな。それから麺は中太ちぢれ麺。これが実は味強めのスープと焼き豚とマッチしててええかも。

喜多方らーめん全般に言えるんやけど、最初のインパクトが強い反面、よくも悪くもスープ・麺ともシンプルな味付けなんで、後半飽きてくるかな~ってのは毎回感じます。でも(喜多方らーめん自身の)個性的な味わいは、時々無性に食べたくなるっちゅうのも事実です。ただそういう意味では、坂内や小法師だけのオリジナリティとゆうのは果たしてどうなんやろか?

・・・とまあ、ちょっと評価辛口やけど、この小法師・坂内ともチェーン店やのに喜多方らーめんとしての期待を裏切らない、比較的安定したいいお店やと思います。



◆練馬店のアクセスは、練馬駅南口から線路に平行した千川通りを東へ進んで、消防署や警察署のあるT字路を南へ。目白通りへぶつかったら右に見えてきます。

住所:東京都練馬区豊玉北5丁目23-3/最寄り駅:練馬駅
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。