≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【麺屋武蔵】(3rd Real)

麺屋武蔵080704

◆味玉らーめん(こってり) 850円

◆『武蔵に食べにいく---』数年前までは一大決心が必要なほど、大イベントでした。それが最近は一時期のとてつもない行列がなくなったよーなんで足を運んでみたんですが、店内に入ってさらにびっくり!半分以上が空席に…そして元気のいい店員さんの麺をあげるときの掛け声もどこか寂しげ。い、いったいどないしたんや?この変わり様は???
見返してみると、前回訪問から2年弱も経ってました。こーして思い浮かべると、その頃の自分の生活を思い出し、時間とゆーのはとてもかけがえのないもんやと改めて感じました。

まあそれはさておき、今回は“こってり”でいってみました。やっぱ武蔵はこれやな!と。脂と分離された朱色の美しいスープ。そこからは鯖てり煮のよーな香ばしい匂いがします。そして濃いめの醤油味スープはしっかりとインパクトを残し、舌にも余韻がしばらくの間残る。この醤油、代々木にある『めじろ』と同様、洗練された本物感を持った、鋭いながらもまろやかさのある味ですが、何故か今回に至っては少ししつこい感じを印象として与えました。
麺はゆるめで平たいストレート。ちょうどよい固さと歯ごたえを残してあり、野暮ったさのないスマートな味わいです。変に口の中でモゴモゴせず、踊るよーに喉を抜けていく食感もなかなかあなどれません。味玉は相変わらず絶妙なとろみと、タマラー殺しの素晴らしいビジュアルです。焼豚はスモークされたよーな甘いよーな風味があり、好みの分かれるところかも。メンマは丁寧な食感でうまい。

レベルの高さは相変わらずやけど、以前のよーな“ギリギリ感”とゆーか、研ぎ澄まされた完成度を感じませんでした。これは客離れが目に見えて始まってる店内の様子と無関係ではないんとちゃうやろうか?或いはまさかとは思うけど、おいら自身、中毒性としてはやや弱い無化調らーめんに飽きてきたんやろか?よくも悪くもかなり全体バランスが自分のなかでメジアンに近づいてきたよーで、そういう意味では『スタンダード』(普通という意味ではありません)ならーめんとして他と比較しやすいかもしれません。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B” <RANK DOWN!>
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・らーめん(あっさり) 750円

◆大ガードから小滝橋通りを北へ。二つ目の角を右へ入ってすぐ見上げると、そこにはエンジ色の看板があります。かつての行列はもうありませんが。
住所:東京都新宿区西新宿7-2-6/最寄り駅:西武新宿駅

スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード