≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【日高屋】(First Real)

日高屋080713

◆中華そば 390円

◆関東圏でここ数年やたらと見かけるよーになったチェーン店です。何故かこれまで食べる機会がなかったので、実ははぢめての訪問です。正式名称は『熱烈中華食堂日高屋』とゆーらしい。

『中華そば』を注文。スタンダードメニューですが、その値段からもわかるよーに、このお店の最もわかりやすいコンセプトとして、“安い”とゆーのがあるようです。6~7年前のデフレにより吉野家の牛丼が290円になってから、このテの価格提供によるらーめん屋さんも色々増えてきました。ここもその中のひとつと言えそーですな。

さて、やってきた品はなるほどビジュアルからもSimpleです。まずはスープをひと口飲んでみると、透明な分離して浮いてる油+尖った醤油+何だか固形スープのような直線的な刺激が舌を抜けます。これはいくら飲んでも深みや後味を変化させず、終始画一的な味わいのまま。ダシの香りなどもないため“懐かしい”という味とも少し違うよーです。半透明な麺も、輪ゴムのよーなやや固めで人工的な弾力感があります。トッピングのチャーシューは薄いながら3枚も入ってるのはうれしいですが、肝心のスープと麺があまりにいただけません。
主張できてるのは店舗の看板にもある“安さ”のみで、味やこだわりに方向性というか、ベクトルが定義されてないんやろうね。“昔ながらの醤油味”とか“ニューウェイブ系とんこつ”とか、このお店がどんならーめんを提供したいのかが見えてこない。レストランの屋上にあるらーめん屋さんでさえ“万人受け”というコンセプトがある分、まだ評価できます。消費者を迷わせない何か絶対的な主張が、今後のこのお店の命題になってくるんとちゃうやろか。

てなわけで、残念ながらおいらの中では最下層クラスのランクインとなってしまいました。まあ個人的意見としてはチェーン展開してるトコでも、まだまだ下には下がいるのですが…。

◆えいけん的ランク(総合評価)“D”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・タンメン      490円
・和風つけ麺    490円
・チャーハン    450円

◆東南口からエスカレーターを下りて、パチスログリーンピースの向こう側の道を左(北)へ。最初の角を右に曲がって『山田屋』の奥の小さな路地を左に曲がると、右手に見えてきます。
住所:新宿区新宿3-34-16/最寄り駅:新宿駅

スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。