≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【天下一品】(9th Real)

天下一品080719
◆ラーメン(大盛) 650円+120円

◆江古田の天下一品に行ってきました。10数年前は関東には天一は殆どなく、池尻とこの江古田くらいでした。関西出身で当時既に天一ジャンキーと化していたおいらは、昔はこの江古田店のらーめんを食べて関西を思い起こすこともありました。江古田はこの天一だけでなく、おいらの東京ライフの代表的な舞台のひとつでもあり、とても思い出深い土地でいくつになっても足を運びたくなります。

まあそんなコトはどーでもええわな。ほんとに何年かぶりに暖簾をくぐり、カウンターのみの店内の奥まった場所に座り、ラーメン大盛をオーダー。東京の天一では必ず店員さんに聞かれる“こってり・あっさり”選択のヒアリングは江古田店ではありません。このお店では聞くまでもないのか基本“こってり”で、メニュー表の端っこに『醤油味あります』ていう文言があるのみ。ううむ、さすがや…。

知らない人が見たらよもやらーめんのスープとは思えん、舌に纏わりつく肌色の“どろスープ”。天一そのものは全然ご無沙汰やないのに、その粘度の強さと濃厚な味わいにびっくり。おおっ!久々にこの味に出会った…そや、確かに天一てこうゆう味やったと思う。最近東京で増加したフランチャイズ店は、拡大に伴って味が落ちたとゆーより、おそらく都会風に丸~くアレンジされてて、スープにあの毒々しい強烈なインパクトがなくなってしもうたんやろう。江古田店と他店の味わいの大きな格差を感じて、おいら自身東京の味にすっかり馴染んでたことに驚愕してしまいました…。
強烈なスープは食べながら胃が少し重くなったけど、最近他店で感じるよーになったざらっとした粉っぽさがありません。それにスタンダードである胡椒をデフォルトで入れてなかったり、細かなところで純度の高いスープを味わうことができるのはうれしい。

この不透明なスープに沈んでいるほんの少し芯に固さを残した麺は、ぶよっとした頼りない食感ながらもこの軟弱さがさらに効果を伴ってスープに絡む絡む。大盛やろうがお構いなしに夢中でかっこんでしまいます。
ややしなびてるけど、すげえ量のネギ。絶えず麺と絡めて食わんと残ってしまうほど。味噌のよーな香りをもつ、たっぷりのチャーシューもうまいです。

昔ほどこってり型のらーめんに反応しなくなったおいらですが、やっぱ天一は別格やわ。日本中にあるのいくつのお店にこれだけ独創性の高い至高品が創り出せるやろか?
さらに言えば、改めて江古田店はウマすぎ。いやあ、うろこ落ちたわ。ただ最後に思ったんは、このお店でさえもまだどこかソフトさがあったこと。京都で食べてたころは胃酸が出まくって気持ち悪くなるほどの重厚感があったと思う。とはいえ、おいらが年を取ってしもたんか、この江古田スープのバランスは過去食した天一の中でもトップクラスな気がします。さすが東京進出2号店。天一の味が好きで、でも最近どこか物足りなさを感じてる方がいたら、ぜひ一度この江古田店を訪れてほしいと思います。

◆えいけん的ランク(総合評価)“AAA”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューメン 850円
・チャーハン定食  920円
・豚キムチ定食   980円 オススメ!

◆駅南口から千川通りに辿り着いたら、通りに沿って桜台方面へ。武蔵大学手前のデニーズを超えたあたりに独特な雰囲気を醸しながら、ででーんとかまえています。
住所:東京都練馬区豊玉上1-20-1/最寄り駅:江古田駅

スポンサーサイト


この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。