≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺食い慎太郎】(First Real)

麺食い慎太郎081019
◆嵐のらーめん(中) 850円

◆西新宿のアイランドタワー裏手に新しく出来たらーめん屋さん。昼間は行列の時もあるみたいやけど、時間帯を選べば普通に入れます。ラインナップからしてつけ麺がメインのお店っぽいが、あえて『嵐のらーめん』で。量は選べるみたいなんで無難に中盛りを。さらにチャーシューやネギなどのトッピングを一品追加できるサービスがあるそうなんで、味玉をチョイスしました。

店内は魚の香りが漂ってましたが、やってきたらーめんを見て納得。いわゆる豚骨プラス魚粉のトレンド志向なスタイルみたいやね(訪問に際し事前情報なしやったもんで)。カウンターで見ててちょっと面白かったんが、注文受けるたびに鍋で個別にスープを温めてること。この時点で魚粉が投入されるみたいで、やってくる頃にはスープに馴染んでるとゆうスンポーです。値段が高めに思えたけど、これに手間かけてるんかな。スープは熱々で、それも手伝ってすっきりした豚骨味に感じられ、魚粉も直投入よりかは一体感あり。
麺はワシワシと食べる、顎の鍛練にええ太麺。代々木の『いそじ』とかで見られるヤツですな。ただ量は全然大したことなかったので、ビビらずに大盛にしとけばよかったわ。香りとしっかしりた歯ごたえのチャーシューは何故か三角形にカットされた、なんやワイルドさを感じるビジュアルです。味玉はやや半固に近いけど、うまい。

ただ…う~ん。。。総合的に見て、先述した“あらかjめ魚粉に火を通す”ていうスープへの試みはオモロイんやけど、言ってしまえばそれだけ、他に光る個性がいま一つ見えん。前にもどっかのレビューで書いたんやけど、このタイプのラーメンは巷に溢れすぎてて、ちょっと面白い試みがされててもなかなか感動できんよーになってしもうた。
付近に強力なライバル店が構えてないとゆー意味では、この立地を選択したのは戦略としてええと思います。が、一等地やろうし生き残るには険しい道がありそうです。ちなみに最初から気になってた店名の由来は何なんやろ?都知事にでも食べさしてあげたいんやろか?

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・イカしたつけめん    880円
・おいらはつけめん    780円

◆青梅街道を中野方面へ。警察署の交差点を左に曲がり、そのままビル伝いに右に曲がって次の区画へ渡ったとこにあります。
住所:東京都新宿区西新宿6-2-3/最寄り駅:新宿駅

スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。