≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【ばんかららーめん】(3rd Real)

ばんから081115
◆ばんから 600円

◆今回は池袋に本店のある、『環七土佐っ子』にも匹敵する程の背脂こってりの代名詞的らーめん『ばんから』の新宿歌舞伎町店です。

『ばんから』を購入。今年の経済事情悪化により、このお店も若干単価が見直されたよーです。それでも安いけどね。池袋と違って新宿店はいつ通っても席がまばらに空いてます。消費者層の違いなのか、店舗のレベルの違いなのかはわかりません。

どかっと甘い背脂の塊がのった濃ゆ~い醤油豚骨らーめんです。豚臭も感じられ、好きな人は好き、ダメな人にはダメとはっきり分かれそうなスタイルやないかと。ただこのお店に対しては比較的ニュートラルな感覚を持って食べるおいらとしては、とてもじゃないがこの脂分に対して味わって食べるのは厳しいと思いました。エネルギー消費の激しいガテン系な仕事に就かれてる方や、バイタリティ溢れる学生さんにはええんかも。
中太のちぢれ麺はスープで変色してるよーにも見えるが、食べてるみると案外醤油に染まっておらず、ズリズリいける。ぷりっとした食感も楽しい。ただ量は少なめ。値段からすると不満ではないんやけど、これだけ“がっつり”イメージなんやから、全体的にもう少しボリューミーにして欲しいな。
トッピングについては、特段してこれは!ってゆう個性がありません。特にメンマはしょっぱくて食感もイマイチでした。

何かスープ・麺・具とも統一感がばらばらな感じがしますが、このらーめんの良さはそういった“寄せ集め”的なジャンクさにあると思います。カテゴリとしては『野方ホープ』や『ニンニクげんこつ花月』とも似てると思いましたが、まとまり感という意味では真逆の方向性にあると思う。
歌舞伎町を通りかかると『おっ、久しぶりに食べよーかな』としばしば衝動にかられるんやけど、実際に食べると『う~ん。まあ美味しいんやけど、こんなもんやったかな』という感想になります。ちなみに一度『角煮ばんから』を食べてみたいんやけど、この値段ではちょっと勇気がいるなあ。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”(RANK DOWN)
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・角煮ばんから  900円
・さんこいち    980円

◆西武新宿駅南口から靖国通りを東へ。歌舞伎町一番街の入り口を入って少し歩いたとこ(光麺を越えてちょい先)右手にあります。
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-17-6/最寄り駅:新宿駅
営業時間:11:00~30:00
無休
スポンサーサイト


なるほど~~
この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード