≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺一筋】(First Real)

麺一筋081116
◆ラーメン 700円

◆東京出身の“尾道ラーメン”を食べに『麺一筋』に行ってきました。それにしても、“尾道ラーメン”とうたったお店って今の東京ではずいぶん珍しく感じます。ちゃんとした(?)お店で食べるのはもしかすると初めてかもしれんので楽しみや。
このお店、水道橋には西口と東口店があって、どっちも駅からの距離は同じくらい。調べてみると第一号は西口店らしかったので、こっちで食べることにしました。

『ラーメン』をオーダー。半端な昼下がりやったので店内は半分以上空いてました。行列店やったりすると食べるの一苦労なんで、通し営業してるお店ってありがたいね。
すーっと透き通ったスープ、飲んでみると煮干しが効いた醤油メインの味わいです。煮込んだ脂とゆーものが乗っかっててアクセントを出してあり、タンパクさだけで終わらない面白いスープです。若干しつこさが残るけど、さっぱりと分かり易いスタンスでおいら的に好きな味です。
麺には“海人の藻塩にがり”ってのが入ってるらしい。中平め黄色ちぢれで最初一瞬抵抗感があるけど、全体的にはちょっと頼りない食感かも。ねぎとの相性はぴったりくる。
チャーシューは4枚。喜多方肉をライトにした感じで、口の中でとろけるのはさすが。メンマは細切りにされてて、悪くはないけどメンマとしてのインパクトはちょっとは欠けます。
ランチタイムぎりぎりやったんか、ご飯がついてました。あっさりスープのらーめんと食べると美味しいです。ただ、ご飯がないと普通盛りではボリュームとしてはやや少ないかな?

全体的にかなり割り切った感じのらーめんで、さすがにTVとか雑誌に見かけるだけあって、個性も自己主張もすごいはっきりしてます。リピーター率も高そうな印象を受けました。個人的にも近くに来ることがあったらまた食べたいな。
20世紀末、らーめんブームは“背脂”“和歌山”ときて、次は“徳島”或いは“尾道”か?と言われてましたが、残念ながら尾道らーめんが全国を駆け巡る時代は来ませんでした。そのはっきりした理由はおいらにはわかりませんが、このだし系にこだわったスープは、今でも潜在的に多くのファンを持ってるよーな気がしました。
ところで、ホームページを見ると、店長さんである熱いおっちゃんのこだわりが伝わってきます。そーいや、店内にもボクシング元チャンピオンの畑山とのツーショットがやたら飾ってあったもんなあ。うう~む、うらやましい…

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・魂のラーメン     800円
・チャーシューメン  900円
・特製つけ麺      900円

◆西口出たとこに交差する水道橋西通りを渡って、道沿いに南へ5分ほど歩いた角手前の右手にあります。
住所:東京都千代田区三崎町3-1-18/最寄り駅:水道橋駅
営業時間:11:00~22:30
無休
スポンサーサイト


この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。