≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【青葉】(3rd Real)

青葉081216
◆中華そば(大盛) 750円

◆急な長期出張が決まり、来年早々東京を離れることになってしまいました。てなわけで、東京のお気に入りらーめんを残り少ない時間の許す限り食いまくろう!てわけで、色々行ってきました。名づけて“東京ライフ・Memorial”…て、名前なんてどーでもええか。


第一弾は『青葉』。もう説明するだけ野暮ったいかもしれんけど、Wスープの元祖として君臨する超有名店の七福人(大宮)出店舗です。当時は食べるに一苦労やった『青葉』も、今では池袋や新宿、はたまた各地方にまで進出してるんで、随分身近になったもんや。

券売機でメニューを見てちょっと戸惑う。『青葉』で“大盛”て珍しいなあ。他のメニューは本店と同じ料金体系みたいやけど。まあせっかくなんで腹いっぱい食べたいしこれでいってみっか。

久々に食べるとやっぱり実感するのは、ちょっとやそっとじゃ真似できそーもないスープのアイデンティティ。白濁したビジュアルからは想像し難い、クリアーでしっかりしたコクをとじ込めたWスープ。懐かしくも洗練された、複雑な余韻を残してくれる味わいです。ちょっと気持ちスープが薄く感じたんは、やっぱ支店やからなんやろーか。
麺は中太ストレートでもちもち感があり、夢中になって食べてしもうた。ただボリュームは大盛と銘打った割にはそれ程でもなかったんが残念。
トッピングは特にメンマが秀逸で、ほどけるよーな繊維感が感動的にうまい。チャーシューはほろほろと崩れる甘味のあるタイプ。海苔も何気にスープとの相性がよく、食事を飽きさせん重要な役割を担ってます。あと粗挽き胡椒が最初から振ってあるんが特徴か。

完成された逸品で、今更どーこーケチをつけるつもりはないんやけど、スープの濃度に過去の記憶とズレがあったよーに感じました。おいらが勘違いしてるだけなんかも知れんけど、らーめんも他のあらゆる商品やサービスと同じで、どこのお店でも同じよーに味わえるとは限らんのやろな。それはぜーたくってもんなのかも知れません。


さて、出張のたびに大宮駅を経由することが多いんで最近立ち寄り始めた『七福人』ですが、7店舗あるはずのお店もいくつかは閉鎖?してるっぽく、HPも更新される気配がないです。好立地でお店もけっこー豪華なラインナップやと思うのに、(あの『青葉』でさえ)イマイチ賑わいがなく寂しい感じです。もしかしてここ経営やばそーかも…。


関係ないですが、バブリーな時代に駆け抜けたKANの『東京ライフ』は名曲ですな。
  “I live up to a Tokyo…
     君がいるからさ
        I'm living through a Tokyo Life”

東京へは3か月で戻ってきますが、主張先の仙台でもブログは続けてくつもりなんで今後ともよろしくです。

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・中華そば      650円
・特製中華そば   850円 オススメ!

◆東口をまっすぐ進んで旧中山道と交差したら左へ。ロフトの一つ向こうのエンタテイメント・コンプレックス『REX』の4Fが七福人です。
住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-75/最寄り駅:大宮駅
営業時間:11:00~22:00(スープなくなり次第終了)
無休
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。