≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【竹屋】(2nd Real)

竹屋090504
◆らあめん(大盛)    770円

◆久しぶりに小金井街道沿いにある『竹屋』に行ってきました。昼間はお店の前まで列ができてるんやけど、この日は20時過ぎの訪問で意外と空いたんで、実は狙い目やったかも。

このお店って結構お腹いっぱいになるんやっけな…と思いながらも、つい『大盛』にしてしまいました。動物系の尖りが全くない、丸い豚骨醤油スープをベースに、鰹・鯖系の魚粉がミックスされてて、すっきりしてるのにコクが強い、しつこくないのに印象に残る、何や矛盾だらけの表現やけど、そーいう優しい味わいです。甘みが抑えられたのも、おいら的好みにより近づいた感じっす。

麺はパスタのアルデンテみたいにほのかに芯を残した、みずみずしさが残ったモチモチ型です。魚粉タイプは麺やなくてスープの方にとろみがあるケースが多いんやけど、このお店は逆。そして麺の適度なぬめりが喉越しの良さを誘います。量はかなり多くて、最初はスープが先になくなるか心配やったけど、不思議に最後はちょうどええ感じになっていきました。

チャーシューはほろほろタイプが2枚。味玉は味噌の香りが食欲を引き立てます。ただ、メンマは鉄の味がしてゲンナリ…トッピングは全体的におとなしめやと思う。

総評として、約3年振りてのもあるけど、ずいぶん完成度が高くなったよーに感じました。こーして比べてみると、姉妹店の『良人』よりも数段高いレベルの域に達してると思う。とにかくスープ・麺の出来が素晴らしく、巷に多く出回ってる魚粉系Wスープスタイルの数少ない成功例とも云える。さらにおいら的好み視点としては、まだ魚粉減らしてもええんちゃうかな~て思います。(食べてる時は気にならんのやけど、やっぱり丼底には結構な魚粉が沈んでるんよね)

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・らあめん     670円
・つけ麺       720円

◆東久留米駅西口から小金井街道に向かってひたすら進み、ぶつかったら南(花小金井方面)へ。所沢街道との交差点に辿り着いたら後少し、靴屋さんの奥です。車とかバイクで来れないとキツイかも・・・。
住所:東京都東久留米市前沢2-11-16/最寄り駅:東久留米駅
営業時間:11:30~14:30  17:30~21:00(スープ切れ次第終了)
水曜日休み
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。