≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【新福菜館】(First Real)

新福菜館090506
◆チャーシューメン   945円

◆池袋駅ビルの東武百貨店や西武百貨店では、しばしば催事場で特定地域の名物やお土産を購入できるイベントを期間限定でやってるんですが、そん中に地域で人気のらーめん屋が出張してきて食べれることがあります。今回たまたま西武のHPを見てたら、あの京都の老舗有名店『新福菜館』が出店してるやないけ!…てなわけで、GW最終日に家族を巻き込んで朝イチらーめんを食べに行ってきました。

『新福菜館』はかの横浜らーめん博物館にも出店したことがあって、おいら的には『天下一品』『京都第一旭』と並ぶ、京都の代表らーめん屋三本柱やと思ってます。これらのお店はどれも個性的ならーめんを食べさせてくれて、一般的に京都に対しイメージしがちな薄味仕上げではなく、かなりインパクトの強いらーめんです。この『新福菜館』も見た目から“あっさり薄味”とは程遠い感じが伝わってますでしょーか?

スープは真っ黒の醤油ベースに鳥や豚の動物系だしの香りが思わず食欲をそそられます。ただ、東京に立ち食いそばみたいに見た目ほどスープは濃くも単調さもなく、後引くうまさが不思議な魅力を醸し出してます。とはいえ、ずんずん重ねてくと次第に口中がしょっぱくなるので、飲みほすのはちょっとキツイかも。表面には肉の油が浮いてるけど、くどさは気になりません。
麺は茹で加減が甘いのかちょっと粉っぽく、ボソボソした食感のストレートタイプです。醤油を吸ってていかにも“東京のそば”ってイメージですが、チャーシューとの相性がよく、一緒に食べるとうまいです。
そしてさすがに京都だけあって、薄いながらも色んな部位が入った、たっぷりのチャーシュー。今回は催事場やったんで大盛ができず、麺に対しチャーシューが多すぎて余ってしもた。あと、名物の炒飯もなく、ちょっと残念。まあ場所や環境の事情はやむなしってとこかな。

『新福菜館』は実に10年近くご無沙汰やったんで、久々にノスタルジックな感傷に浸りながらも、おいしく楽しめました。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・中華そば  735円

◆池袋駅ビルの西武百貨店7Fの大催事場にて。
住所:東京都豊島区南池袋1-28-1(西武百貨店)/最寄り駅:池袋駅

※上記イベントは2009年のゴールデンウィーク期間のみの開催のため、現在はすでに終了してます。ご注意ください。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード