≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【味噌蔵らーめん まるしゅう】(First Real)

まるしゅう090620
◆まるしゅうらーめん+大盛+味玉ダブル    1140円(=840円+200円+50円+50円)

◆中央線エリア付近の新小金井街道沿いには、何故かやたらとらーめん屋さんが乱立してるよーに思えます。時々通りかかるたびに、熾烈な顧客争いが繰り広げられてるんやろな…と想像してしまうほど。でもそれなら、新小金井レベルを見極めてやろーか(なんで上から目線やねん)などと考えてしまい、一番見た目に惹かれた『まるしゅう』に行ってみることにしました。

店内は外観での予想以上に狭いけど、活気があってとても優しい雰囲気が漂ってます。とても激戦区のらーめん屋さんとは思えませんでした。ちょっと感動。

さて今回、普段なら絶対オーダーしないような無茶な組み合わせですが、この日は子供を連れてたんで、シェアすれば食べれるやろと、大盛(麺2玉)に加えて、味玉を二つ(このお店は味玉が50円と安いうえに、半熟と固茹での二種類があるんで、どっちも食べたくなって…)トッピングしてみました。う~ん、とてもぜいたくで素晴らしいビジュアルですな。

普通の味噌らーめんもありますが、『まるしゅうらーめん』の方は、“濃厚こくまろ味噌”だそうです。飲んでみると、確かにクリーミィでコクがあります。それでいてしつこくなく、ピリッとほんのり辛さが入ってるせいか、つい後を引くのでスープが先に減ってしまうほど。ベタと言えばそれまでやけど、味噌はブレンドされてるよーで膨らみのあるテイスト。実はけっこう味付けも濃く、後にかなりの水分補給が必要になるかも。

麺は2種類から選べるらしく、太麺は多摩の老舗『三河屋製麺』、細麺は旭川の老舗『加藤ラーメン工場』を使用してるらしい。好みもあったけど、せっかくの旭川らーめんやし、ここは細麺をチョイス。
少し固さの残るぼそっとした食感ですが、次第にスープに馴染んできて、わしわしと食べるのがうまい。さすがに2玉はボリュームが多い。ちなみにこのお店では替え玉(細麺・太麺とも)もあるらしい。旭川らーめんのイメージから想像つかんね。

味玉は固茹では二つにスライスされてて、半熟はまるごと入ってました。どちらも燻製の風味がしますが、比較的ライトな仕上がり。シャキシャキ野菜がぼそぼそ麺とうまくコラボしておもろい食感が楽しめます。チャーシューはほろほろ系。

“旭川らーめん”に対して持ってるイメージとはけっこう違うな~と感じました。でも、家庭的な側面を持ちながら、ちゃんと外行きの味としても確立された美味しさがあります。時間帯によっては行列覚悟らしいですが、カップルや子供連れも多く、店員さんも丁寧な応対なんで、安心して食べれるとても雰囲気のいいお店でした。深夜もやってるんで、今度は一人で来ようかな。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・味噌坦々麺                    900円
・北海道旭川ラーメン(味噌・うしお醤油)   800円
・超極太 味噌つけ麺               840円

◆駅西側を縦断する新小金井街道を北へ10分強位かな。
住所:東京都小金井市貫井北町2-17-8/最寄り駅:武蔵小金井駅
営業時間: 平日 11:30~15:00  19:00~26:00
       土日祝 11:30~26:00
水曜日休み
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード