≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【東池袋大勝軒】(First Real)

東池袋大勝軒090626
◆中華そば   700円

◆かつて“もりそば”の起源として来る日も大行列を生んだ、店主ともに、日本一有名ならーめん屋さん『東池袋大勝軒』。地域再開発のため、惜しまれながらもいったんお店をたたまれたものの、二代目が場所を変えて2008年、見事に復活!…てちょっと時間経ってもうてますが、今更ながら行ってきました。

かつての行列の面影はない(意外)ものの、紺のTシャツに手ぬぐい鉢巻の大勝軒スタイルで、元気で親切な店員さん。すっかり新しい店内ですが、壁にはあの山岸氏のセピア色の写真が額で飾られてました。

大勝軒といえば『もりそば』ですが、一般評価とリンクしたかったので、今回はあえて『中華そば』にしてみました。
動物系プラス節系のWスープは飲んでみると熱々で、ほんのりとろみもあって、バランスが調和した、見事な和風味に仕上がってます。後半はちょっと味が濃い目に感じられるけど、ネギが優しく溶け込んでて、思わず飲み干してしまいました。
麺は気持ち太めですが、むちっと柔らかな多加水麺で、ストレスなく頬張れるのがええです。『古武士』ほど水っぽくなく、スープとはちゃんと分離してますな。うーむ、この食感の楽しさは確かにもりそば向きかも知れん。普通でも340gとかなり多いですが、大満足。
チャーシュー肉は分厚くてしっかりした歯ごたえで、うまみばっちり。それにメンマやなるとの味付けや、小さな海苔は何とも懐かしい感じっす!
よく考えたらこれだけの満足感で700円はすごく安いよな~。

高田馬場や大門の大勝軒など、暖簾分け店には時々行ってましたが、こうして比べてみると、やっぱり東池袋本店とはかなり違って、スープバランスがイマイチやったり、アレンジが加えられてたりと、随分印象が違うよーに感じました。ちなみに東池袋は10年程前の真夏の暑い日に一度食べたきりなんで、感想を比べることはできませんが、さすがに本店だけあって、経験と歴史に裏打ちされた強力なスープの安定感とオリジナリティを感じました。

それにしてもこれだけのらーめんが昭和36年に存在してたとは…すごい!これがひとつの東京らーめんのRootsなんやろうか…

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・もりそば        700円
・あつもり        700円
・ワンタンメン      900円
・チャーシューメン  1000円

◆有楽町線駅3番出口を出て左へ。R254沿い南側(首都高高架下)。
住所:東京都豊島区南池袋2-42-8/最寄り駅:東池袋駅
営業時間:11:00~22:00(スープなくなり次第終了)
水曜日休み


【追悼】
今日この日、世界のスーパースター、マイケル・ジャクソンが50歳にしてこの世を去りました。(アメリカ:2009年6月25日)

彼の提示する信念、多くの賛否を呼んだ生涯、そして、ラストライブを間近に控えながら、死因も含め数えきれない謎を残し、彼は伝説となりました。
特に晩年のスキャンダルにより数々の憶測が飛び交う中、世間の評価は彼に対し、決して風当たりのよいものではなかったかも知れません。しかし彼を知る人々は、これらを強く否定します。
おいらは一ファンとして彼の人生を肯定したいところですが、それらはいずれ世界の生き残っている人々と、長い歴史が判断することでしょう。それよりも、この伝説となったこの日を基に、音楽というジャンルを大きく進化させ、視覚化させた偉大なるアーティストの軌跡が、まだ見ぬひとりでも多くの目に触れ、感動してもらいたいと願うばかりです。

今までありがとう。心より冥福をお祈りします…


スポンサーサイト


この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。