≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺屋 翔】



◆塩そば(大盛) 700円

◆えいけん的ランク:"B"



◆西新宿の雑居空間にある『麺屋 翔』に行ってみました。この界隈は『風来居』や『天上天下』、『はな火屋』といった、ハイセンスなお店がちらほらあって、意外に穴場なので比較的待ち時間が短いのも魅力やな。

混雑時間を避けたせいか、店内はがらんとしてました。券売機で看板メニューと思われる『塩そば』を購入して、端の席に腰を下ろしたら、左手に多くのらーめん本が。う~ん、こういう本てありそで実はらーめん屋さんにはなかなか置いてないわな。お店にとってはライバルやろし。ちょっと前のものでしたが、待ち時間は楽しく読ませてもらいました。



さて、ほどなくしてらーめんが到着。香味油が浮いた透明なスープは、すっきり飲みやすく、後味も変なくどさとかなくて、不思議とさらっとしてる。ほのかに香る煮干しもおいら好みや。それに揚げにんにくの香りもするな。

麺は中太ストレートタイプで、芯の歯ごたえを絶妙に残しててうまい。『たけにぼ』のスタイルにちょっと似てるけど、やや太めなせいか、このテの麺にありがちな、熱々のスープに徐々に麺が伸びてしまうという欠点をフォローしてあるのが素晴らしい。よう考えられてつくってあるなと感心してしまいました。大盛サービスてのもうれしいが、食べ終わってみると、おいら的には大盛でちょうどええ量でした。

トッピングは白ネギ、チャーシュー、ほうれん草、穂先メンマ。これらも麺と相性がよく、特に穂先メンマを『もちもち』以外のらーめんで食べたのは初めてやったんでちょっとうれしかった。チャーシューは炙って甘い香りがする上質な味わいやけど、バランスとしては個人的にちょっとちぐはぐな気がしないでもなかったな。これはどこか『光麺』で感じる違和感ともダブるような…まあ、あくまでおいらの好みの問題やろうが。



感想としては“都会的センスをもった昔ながらの中華そば”って感じで、他に類を見ないというタイプやないけど、近くやったら間違いなく通いつめてしまうな。今度は違うメニューにも挑戦してみたいです。



◆小滝橋通りを大久保方面へ進み、『ラーメン二郎』のある五叉路を左向こう側へ。3~4つ程角を過ぎたら新宿警察署に向かう長い路地に出るので、ここを左に曲がって少し歩いた右側。

住所:東京都新宿区西新宿7-22-34/最寄り駅:新宿駅
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。