≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【山盛山】(First Real)

山盛山110119
◆ラーメン   700円

◆用事があって偶然通りかかったんやけど、派手な看板に思わず足を止めてしまった。『大盛の殿堂』て…。店内には半分ほど空きがあったんで、つい入ってしまいました。

看板は“まぜそば”なのかな?まあでも最初やし、らーめんにしときました。野菜はお代わり自由らしい。最初ににんにくの有無を聞かれたけど、なしでお願いしました。

ちょっと久々の超ガテン系。二郎インスパイアかと思いきや、とろみ醤油が強く乳化した豚骨味スープで、かなりごつい脂がひしめいてる。飲んでみると…うん、どこか遠い記憶をくすぐる懐かしさと、今は珍しくなった直球な動物系の味わい。うまいっす。卓上スパイスで味が変化するらしいが、それらしーのは胡椒だけ(最初からもやしにかかってる胡椒とは別)。ブレンドしてもよくわかりませんでした。すいません…
そしてスープに浮いた甘い脂も次第にくせになって、つい口に入れてしまう。これが結構満腹にしてくれる。

大盛りの殿堂とあるが、野菜(ほぼもやしですが)は確かにデフォでもすごい量。ただ麺は割と普通のボリューム。かなり濃いスープとあっさり野菜でバランスとりながら、麺をかっこむ。
うーん、なんて表現すればええんやろか。見た目は整った平打ち麺で、芯が真一文字に残ってるので、表面びらびら&噛むとぶつっとした非常に個性的な歯ごたえ。あれ、やっぱどっかで食べた気がする…?

大きなチャーシューもつけだれに染み込ませた感じで、どこか無機質な印象やけど、野菜や麺との相性はええと思います。

第一印象は『二郎』より純粋かつ直球でわかりやすく、おいら的には好みかなって思った。
ただ不思議やったんは、食べた後の余韻が素晴らしくいいこと。不思議と何度も思い返してしまう、どこか惹きつける味(スパイスがそれやったんかな?)がある気がする。にんにく入れてたらまた違ってたかも知れんけど…。

そこで思いだしたんは、かつて同じ池袋の要町通りを挟んだ場所にあった小さならーめん屋さん。ほんの一ヶ月ほどの間やけど、職場に近くて何度か通った時期がありました。何でも強盗が入ったとかで、今でもあるかはわかりませんが…。
10年近く前なのでおぼろげですが、おいら的にこの味とダブって、単にノスタルジックな印象を持っただけかもしれません。が、もう一度食べたい!と強く感じさせるものがありました。
機会があればまぜそばもちょっと食べてみたいな。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・まぜそば  730円
・中盛     100円

◆西口を出たら、東京芸術劇場を左手に要町方面へ進み、信号を左に。マックを越えたら次の角を右に曲がって『蒙古タンメン中本』を越え、道路を挟んだ左側にあります。
住所:東京都豊島区西池袋3-23-8/最寄り駅:池袋駅
営業時間:11:00~24:00(金・土曜日は25:00迄)
無休

スポンサーサイト


この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。