≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【一蘭】



◆ラーメン+替え玉 750円+150円

◆えいけん的ランク:"B"



◆やっぱ『一風堂』と比較してみたくて食べてきました。もはや替え玉は必須なので、先行で券売機で購入。味付はいつも通りで。



改めて食べてみると、醤油をやや主張した豚骨味でインパクト重視の味ですな。スープだけ見れば博多系とゆーよりどこか横浜家系に近い気がします。

替え玉を入れてもスープの味が変わらんのは、おいら的にかなりグッド。細麺は博多系の特徴でもある粉っぽさが強く、東京人の舌には少しごわごわした感があるんとちゃうやろか。て、おいらは関西人やけど。チャーシューは臭みが強く、食べるたびに最近の質の低下を痛感せざるを得ません。



総評としては、う~ん…ここのらーめんもかなり洗練された感じやけど、やっぱ100%の完成品やない気がする。だからこそ、既に完成品を形作ってる『一風堂』を越える可能性もあるわけやけど…

あと、今回は“秘伝のたれ”の存在感に対して特に違和感を覚えました。これがこのお店の真骨頂であり、個別のスパイスとしての完成度はかなり高いとは思います。ただ、何度か食べてみて気づいたんやけど、このたれ、個性がやたら強い反面、周りがこれに依存しがちな印象を受ける(或いは基準の味がぼやける)。もちろんトッピングしないオーダーをすればええだけかも知れんが、“秘伝のたれ”をセットしないここのらーめんて、どこまで人を魅きつけられる要素を持ってるやろうか?

なんかやたらと酷評ぽくなってもたけど、それはおいら的にこのらーめんが素晴らしいポテンシャルを秘めてると信じてるからなんです。



人間は基本的に『自由』で、何をして生きてってもええ筈(特に現代の日本は前提の時点で世界に比べると優遇されてる)なのに、いつも何かに縛られたり、支配されたがる傾向がある気がします。この“秘伝のたれ”とらーめんの関係を考えながら、ふと思ってしまいました。



◆東口から北へ向かって大通り沿いを歩く。区役所手前の道を左に曲がって(ここで右手に『えるびす』が見えてくる)次の十字路を右へ。ちょい歩くと右手に見えてくる。

住所:東京都豊島区東池袋1-39-11/最寄り駅:池袋駅
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード