≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Mountain:鷲別岳(北海道)
※行きは夏道コース/帰りは西尾根コース
LEVEL:1.5
標高:911m
登頂日:2017/7/9


久々の週末快晴。かなり気温も上がってます。
この日は高速で室蘭まで足を伸ばし、鷲別岳へ挑戦します。いつものよーに5時出発。

支笏湖方面からから南下出来ないので、苫小牧経由で登別室蘭ICで降り、北へ向かう。時間にして1時間ちょいで早めに着くなーと思ってたら、道間違えた…

気を取り直し、だんパラスキー場手前の駐車場で車を降り、登山口へ向かう。

スキー場と併走てのもオツやね。森林を10分ほど歩くと白鳥ヒュッテへ。ここで登山届を書く。

ルートは3通りあり、今回は行きを夏道コース、帰りを西尾根コースにしてみることにする。夏道コースは右から登る。


7時なのにかなり暑い。虫や鳥が多い…まあ木陰が多いのが救いだけど、夏道は途中のビュースポットが少なめで割と斜度キツめの山道が続く。

おっ今回初めて残距離の案内を発見。意外にこの山キツくて息上がってたから、他の案内は見逃してたかも…

山頂手前の西尾根コースとの合流地点!
やっときた…鷲別岳をナメてたな。前回、前々回の山よか1.5倍位大盛でした。

山頂は狭い行き止まりに鐘と看板が。森林限界はなかった。

山頂でも4G電波入るのは意外。


木々が邪魔して、こっからの景色は微妙かも。少し戻ったカムイヌプリとの分岐辺りだと室蘭の街や白鳥大橋が見える。太平洋パノラマも。地球岬よかずっといいね。

山頂脇に休憩できるスペースがあり、誰もいないのでここで朝ご飯食べたら西尾根コースへ。


降りてまた登る。下りもけっこ急なので足を滑らせないよーに…

稜線が綺麗だ。その先にあったのは…

鷲別岳のもう一つのピーク。


景色は西尾根のほーが圧倒的ダイナミックです。ただし太陽直射で遮るものがないので体力をじりじり奪われる…

だいぶ降りてきたな。
ん?どこかで川のせせらぎの音がする…

やっぱり!
ペットボトルが品切れだったので助かった!水うまっ(あ…不用意に飲むのは良くないか?)

その他、途中岩山で森林浴してるおねーさんがいたり、山との触れ合いかたは様々ですねー

帰りはだんパラスキー場を突っ切って駐車場へ。暑さもあったけど、すっげー汗かいてシャツびしょびしょだ。今回からアンダーシャツは速乾性のあるナイロン生地にしたけど、大正解でした。

活動距離6.6km
高低差524m
累積標高上り/下り 621m/610m

登りは1時間11分、降りは1時間14分でした。帰りの方が時間かかってるし。

帰りは36号線から途中登別の「いずみヴィラ」とゆー日帰り温泉に。410円て、やっす!営業が11時からだったのでちょうど一番乗りでした。温泉探すのも行程の楽しみになってきた。

今回の消費カロリーは1316kcal。山登りてこんなエネルギー消費するんだな。
減ったぶん取り戻す!てな訳で、びっくりドンキーでカリーバーグディッシュ300gでいっ(摂取カロリーは1263kcalで帳消し…笑)

帰り道で最初に登った記念すべき樽前山が!また行きたいなー

帰りにトレッキングシューズも買ってみた。足首が固定された感じと、靴底が厚いのが特徴。

終わってからぐっすり寝て、他の人が登ったブログを読むのがまた楽しい。あまりネタバレしたくないので登山前の情報は必要最低限にしてます。

P.S.
何気にWebサイト見てたら、トマムで早くも2017-18ウィンターシーズンの宿泊予約ができるよーになってた。
ああー冬が待ち遠しい!!
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。