FC2ブログ
≪ 2018 11   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2019 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


◆エリア:星野リゾート トマム(北海道)
◆訪問日:2018/1/21-23(1日目)
◆ジャンル:スノーボーディング
これも恒例になったトマムエリア2連泊ツアー。今回は日曜スタートで2年ぶりのサホロリゾートを挟むぜっ。果たして幻の北斜面ゾーンには入れるか…?

◆Eiken's Rank "AAA"
アクセス利便性:4
施設充実性:5
コース攻略性:5
コストパフォーマンス:4
付加価値:5
◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:29+αコース(初級38% 中級48% 上級14+∞%)

(当日の状況)
1/21(日)…曇り
気温…-10℃
積雪…山頂168cm/山麓118cm
路面状況…パウダー
降雪…6cm

まずは初日トマム。新札幌エミシアにて。今回もツアー客はオレ一人…しかも大型バスて。なので、若干早めの9:05出発。

きっかり2時間でタワー到着。チェックイン→リフト券発行→ロッカールーム→ゲレンデと相変わらずスムーズな導線。

そして先週の月曜から上級限定エリア開放!
今日もさっそく腕章貰いに行ったら、リゾートセンターのレイアウト変わってた。以前よか手軽な感覚だな。

強風17mでトマムエキスプレスが一時運休していたため、ゴンドラがやや混雑してる。
晴れ間は見えるけど、冷え切ったゲレンデは全体的に固め。
ただ山頂のドラゴンリッジ側の尾根だけは、常に風に晒されて極上のパウダー。最初は耳が痛くなるほどの寒さだったが、慣れてくればなんのその。これが十勝の雪山だ。

まずはノーグラビティ手前の上級エリア(No.4/公式コース名はなくなったのかも?)へ。沢が埋まってないリフト側に降りないよう道を選ぶ。

思った通り、パウダーエキスプレスは空いてて快適。下に降りずにここをローテするのが効率的だな。ドラゴンリッジエリアとパノラマリッジエリアを交互に攻める。

クラウドウォーク手前をゴンドラ側に降りるゾーン(No.3)。深雪多く、後半はスリリング。

ノーグラビティとノーススター間(No.5)。トマムで最も深いエリア。2年前は手強いと感じた沢が今はちょうど良い。

14時前まで3時間近くぶっ通したので、一旦麓に降りるか。ならば…



ドラゴンリッジからハイウェイコースターへ連絡。トマムエキスプレスが動いてないので、付近は誰もいない。ぶっ飛ばすぜー


ランチ後、再度ゴンドラで雲海テラスを目指そうと思ったが、混雑すごいのでタワー側に戻り、セーブしながら16時終了してホテルへ。

ミナミナビーチへのバスに乗って、ゆったり露天風呂を楽しんだ後、部屋でひとり乾杯。
ナイターはまだ始まってないのか、タワーエキスプレスも18時終了のよーだ。今季オープンしたホタルストリートが遅くまでやってるらしい。明日の夜か明後日立ち寄ってみよっかな。

<コスト編>
・リフト料金:0円
・宿泊:28800円(トマムタワー/朝食付き)
・アシ:北海道アクセスネットワーク(リフト券パック)5900円
・その他食事など:1400円

霧氷ゴンドラもしくは買い物券4000円分が付帯されてた。今日はショップで半分使い、残りはレストランにしよかな。


今回の部屋はタワーⅠの3302号室。またまた不思議な事に去年の1フロア真下。いずれしても180度見渡せる素敵な部屋です。
<今日のゲレ食>

鷹の爪にて、龍の雫(大盛)1150円。
む…これはうまいぞ。かつて代々木にて通いつめた「たけにぼ」や「めじろ」に通ずるシャープな醤油スープと細ストレート麺。
しかしトマム食堂一新したなあ。豚丼はどこで食べれるのかな…と思ったら2階にもフードコートがあるよーだ。

<総括>

トマムは雪山以外の楽しみが豊富な、まさにリゾート。ふと、こんなぜーたくな体験を毎年できるよーになった今の自分を少し褒めてあげたくなった。北海道来て4年…頑張ってきたなぁ。
しかし今回の旅は仕事、プライベートともにこれからを色々考える旅になりそうだ。今の生活は、いつ終わるとも限らないところまで来ている。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード