FC2ブログ
≪ 2018 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2018 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆エリア:サホロリゾートスキー場(北海道)
◆訪問日:2018/1/21-23(2日目)
◆ジャンル:スノーボーディング
2年振りのサホロ。一度行っただけなのにやたら印象に残ったスキー場だ。
ロケーション上、なかなか訪問できないのだが、今回は去年オープンした北斜面目当てで2年前同様、トマム連泊ツアー内に組み込んでみた。

◆Eiken's Rank "A"
アクセス利便性:3
施設充実性:3
コース攻略性:4
コストパフォーマンス:4
付加価値:5
◆詳細レビュー:
<コース編>

ゲレンデ:17+5コース(初級41% 中級14% 上級45%)

(当日の状況)
1/22(月)…晴れ
気温…-9℃
積雪…山頂100cm/山麓70cm
路面状況…パウダー
案の定予約はオレだけで、またバス1人かと思いきや、帯広行きの中国人の皆さんと相乗り。


前回訪問で更衣室があるのは分かってたけど、敢えて今回は予め装備した状態で臨む。
サホロリゾート内レンタルコーナーで第1リフト券を頂いて、ゴンドラステーションへ向かう。

半ば予想してたが、サホロエキスプレスは動いてない。もしかして土日しか稼働してないのかと思ってリフト券売り場のおねーさんに聞いたが、どーやらそうでもないらしい。サホロ特有の雪質と斜度の関係上、うまく雪が蓄積されないのだ。
確か去年もシーズン通して全コースOPENしたのはオレの知る限りない。ただでさえ閑散としたゲレンデで、スキー場にとってこの投資と挑戦はあまりにダメージが大きかったのでは。

▲北斜面(N3)への入口
さて、強風でゴンドラ運休とかなりかねないのでリフト券は5時間券ランチパックに変更。

10時半より戦闘開始。

▲サウスウェイ


▲ノースウェイ
サホロは「乾いた雪」と呼ぶに相応わしい、軽いのにキュッと締まっているのが特徴だ。特にノースウェイとサウスウェイが新雪だらけでこの独特な浮遊感は他ではなかなか味わえない。ボウルウェイが荒れてないなーとゴンドラから見てたら、同乗者の話では昨日も強風でゴンドラが午前中にて運休したらしいからか。


これで積雪量が多ければなあ…コース外や林間エリアも殆ど手つかずで潜りやすい反面、小枝やブッシュも多く危険。

ノースウェイは圧雪/非圧雪ともカービング/スプレーとセパレートで楽しめるのも最高なのだが、いーところで第8リフトがストップ。強風が凄くなってきた。一時運休らしいけど、これ殆ど俺しか利用してなかったし、今日はこのリフトもう終わりだな。


ノースアベニューから北斜面側を覗いてみたが、全く存在感がなく、もしOPENしてても進入すら忘れそうな雰囲気。




さて、午後は風が収まってきたので、ひたすらゴンドラ往復のマシーンと化してた。減速がなければ10分で山頂に行けるので、時間効率はいい。


15時半ギリギリに最後のゴンドラ乗って、最後はサウスロードでグラトリしてサホロリゾートに戻る。16時シメ。

しかし、17時過ぎまでただひとりバスを待つのは、いつも寂しい。

<コスト編>
・リフト料金:5000円(5時間券+ランチパック)
・宿泊:28800円(トマムタワー/朝食付き)
・アシ:北海道アクセスネットワーク 1800円×2(トマム⇄サホロ往復)
・その他食事など:300円
リフト券は実質4150円。4時間券が4500円なのでこれだけでもかなりお得。
ゴンドラ15時半終了なので、スタートからもちょうど5時間という計算。
ちなみに2回目半額券が貰えることを考えると一日券5700円ランチパックのがさらにお得なのだが、ゴンドラ運休の恐れがあったので。第4リフトもサホロエキスプレスも動いてないし。
<今日のゲレ食>

MIKAKUが混んでたので、アルファトマムにあるビュッフェダイニングHALへ。ここって以前来たことあったっけなー?
朝ラーメン以外は特徴ないかも。

ランチは限定30食のローストビーフ丼1000円。ランチパック850円分があるので+150円足して購入。味は…うーん。

こーしてレストハウス見渡すと、いかにヤバイかわかると思う。また前回と違い、外人よかお年寄りが目立つ。ホントにここ運営大丈夫なんだろーか?

帰って部屋で軽く飲んだ&うたた寝した後、木林の湯でまったりして、そのままホタルストリートへ。

札幌でも大人気のGARAKUはここでも絶えず満席みたいだが、21時になれば若干空き席が。

炙り角煮と野菜のスープカレー 1950円(館内利用券で0円)。辛さ4だけあってヒリヒリ。見た目以上のボリュームで、香ばしい角煮も人気が頷けるうまさでした。
<総括>

さすがに快晴率が高く、サホロ=青空という爽やかなイメージ通りの一日だった。

それにしても、上級コース比率が最も多いスキー場て。

でもまあ、ここのコース設定はややデタラメだ。初級の中に初心者コースと中級コースが混ざってたりするし。北斜面エリアも体験出来ずとはいえ、全てが本当の上級とは限らない。あまり気にする必要はないかも。
ただ、ここへ再訪する事は出来るだろーか。

レイアウト、雪質、人口密度、天候等、個人的にはとても気に入っているんだけど…

さて、明日で今期唯一の連泊ツアーはおしまいか。トマムに帰ろう。
そいや、今回の旅ではふとアンジェラ・アキさんの「手紙」という曲がやたら脳裏をかすめる。いい曲だ。震災前の仙台でよく流れてたなー
スポンサーサイト


この記事へコメントする















07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。