FC2ブログ
≪ 2020 01   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  2020 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


エリア:富良野スキー場(北海道)
◆訪問日:2019/2/9
◆ジャンル:スノーボーディング

ナトゥールバルトをチェックアウトし、目の前に広がる富良野スキー場北の峰ゾーンへ。
◆Eiken's Rank "A"
アクセス利便性:3
施設充実性:4
コース攻略性:5
コストパフォーマンス:4
付加価値:5
(当日の状況)
2/9(土)…曇り
気温…-20℃
積雪…214cm
路面状況…パウダー
降雪…0cm

今日はかなりのんびり目に9時50分北の峰ゴンドラへ。これならちょうどプレミアムゾーンのゲートが開く。

気温が低いからパウダー状態いいかも?などと淡い期待も、ゴンドラ山頂駅降りてみればやや固めの雪質。おまけに昨日積雪0だったので、コースの状態は微妙かも。

とゆーわけで、いきなり1本目からハイクアップでバックカントリーに切り替え。



くぅーっ。メチャメチャいい運動だ。喉が渇く…!


プレミアムゾーンの先には広大な未圧雪エリアが。ハイクアップしてくるだけの価値は充分。


途中クレバスやアバランチの跡のよーなものがあったり、ニセコと違って状態が少し不安な箇所もあるが、かなりお手軽だし油断しなければ地形的には迷いにくそうなので、これも今後の富良野の楽しみになるかな。

ここはNEXTプレミアムゾーンと勝手に命名しよう…笑


さて、プレミアムもフリコ沢も本来とてもいいコースだが、荒れてる上に固めのため、こういう日はちょっとフラストレーションがたまる。

▲チャレンジC

▲テクニカルC…からのー

▲Bゲート進入

富良野ゾーン山頂エリアやチャレンジ Cは比較的状態がよくパウダーがまだ残ってた。ゲートBの奥から北の峰へ降りてみたいが、また今度。

ザイラーCやジャイアントCといった中級ロングも、カービングやグラトリの特訓には丁度いい。


それからスピースCから左の林間に逸れると、ロープウェイ下へ出た。偶然紛れ込んだがここもよかった。
富良野ゾーンから北の峰ゾーンへ戻る連絡コースも、斜面に入る辺りから左のコース外へ入ると、なかなかスリリングな沢に降りられる。ここはNEXTプレミアムゾーン下部にも繋がってゆく。
コース外開拓が楽しい。できれば今度は、北の峰から富良野への連絡リフト下部へのルートを見つけてみたい。

ランチ取らず、15時までぶっ通しの末終了。はあぁ…楽しかった。
帰り道は上富良野あたりでまたホワイトアウトしたが、行きよかかなり早く帰れた感覚がある。
あと旭川十勝道路が開発中らしく、現在、北の峰⇄布部間のみ無料で利用できるみたいです。来週はトマムなので、ルート次第では利用させてもらうかも。
<コスト編>
・リフト料金:0円(ナトゥールバルト宿泊パック)
・アシ:マイカー(燃料費2000円)
・その他食事など:2300円
Total:4300円位
<今日のゲレ食>

和牛ローストビーフ丼 1980円
帰り道。富良野駅近くのお店「くまげら」にて。
ナトゥールバルトのオススメとして紹介されてました。うっすら火を通しており、炭火が香ばしい。肉の旨みが自然に広がる上品な味。夜に来てみたい。
<総括>
2年前に来た時と時期近いが、今回はまだギリハイシーズンと呼べるはず。数年前、ルートのカスタマイズが可能になってから、富良野の付加価値は飛躍的に拡がったと個人的には思ってる。

富良野も今季からICカードによるゲートシステムが導入された。外国人も増え、北の峰ターミナル前には、ホテルだかコンドミニアムだかが建つらしい。
年々オシャレなリゾートになってくのは、嬉しさ半分、寂しさ半分てとこか。
<今日の学び>

今更ながら、フロント-1への道。
ライン取り。
テイクバックで回転力を。
リズム(トゥ→ヒール→ぽん!等)
基本姿勢を崩さない。
最近はバックサイド系が多くなったが、やっぱグラトリの基本はF180からだと思う。

P.S.
翌朝、旭川駅近くの有名店「青葉」にて正油らぅめん(750円)を頂く。
9時半開店ながら、少し早く着いても入れてくれました。
らぅめんももちろんだけど、お店の方のお気遣いにも暖かさを貰いました。

札幌は旭川よりずっと暖かかった。
風邪をこじらせたらしいが、来週迄に気合いで治す。
スポンサーサイト





この記事へコメントする















01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード