FC2ブログ
≪ 2019 05   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2019 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


エリア:ニセコユナイテッド(北海道)
◆訪問日:2019/3/7
◆ジャンル:スノーボーディング

北海道で従業員300人を超える経営を担ってはや2年。本来個人主義でリーダーシップを取るタイプではなかった筈だが、事業は順調に成長。我ながらよくヤレたな…と思う。
冬は6回。来季はもう来ない北海道ライフ。
かつては憧れでしかなかったニセコ。きっと最後だから行ってみよう。ちなみに今季2度目だが、どちらもシーズンを外してみた。

◆Eiken's Rank "AA"
アクセス利便性:4
施設充実性:5
コース攻略性:6
コストパフォーマンス:5
付加価値:5

(当日の状況)
3/7(木)…AN/VL/GH/HA
天候…快晴/快晴/快晴/快晴
気温…-9℃/-9℃/-8℃/-0℃
積雪…300cm/300cm/320cm/235cm
路面状況…圧雪(固)
札幌ですら雪の壁の大半が消え、雨も降る季節。
快晴の札幌。そしてニセコも。

山麓は暖かい陽気と殆ど無風。岩肌が見える。春だな。

そして山頂は強風で、最上の各リフトは運休。



初っ端はスーパーコース傍から春の滝を望む。周辺はまったくシュプールなし。晴天下ではこんな景色だったのか…



次はビレッジ。よもやと思ってたが、水野の沢がOPENしてたので早速進入。




アバランチの心配は無用だが、ブッシュが怖い。そして風で舞い降りた少しのパウダーの下に潜むアイスバーン。慎重に降りる。


アンヌプリは下から連絡バスしか行けないので、今回パス。きっとスカスカだろーなー




HANAZONO方面のゲート5も入れた。こっちは水野の沢よか状態はいい。が、尻餅つくとやっぱ痛いぞ。
これなら、コース外よかゲレンデのが場所によってはコンディションがいい。


羊蹄サンセットとかジャンボとかすげーいい。カリカリの固雪と適度な斜度が、カービングやリバースターンをがっちり安定させる。面白れぇーっ

快晴で改めてわかるニセコのレイアウト。ここはヒラフエリアの第2の壁。

伐採し過ぎ?の林間コース。

ヒラフど真ん中の白樺コース。なんだか同じよーな画像ばっかですまん。

これは羊蹄サンセットと併行している、名前の通りパラレルコース。
地形を学習する楽しみもあるんだな。


HANAZONOはコンドミニアムとかの開発で、山麓はかなり変わってた。HANA1カフェの場所も移動してるし。そしてビギナーズパークらしきものが…。
したいっ…!

それにしても何処も人が少ない。他のゲレンデならともかく、こんな閑散としたニセコは初めてだ。

そしてここ数年の北海道パウダーにすっかり慣れてた。本州では当たり前の圧雪では、ゲレンデもコース外も、自身のスキルも全然違うように感じた。

10時45分開始で16時半終了。ランチ以外、トイレ休憩すらなかったな。でも疲れなくなったのは、体力や勘が戻ってきたせいだけじゃない。今季は攻めれてないのだ。
<コスト編>

・リフト料金:6850円(全山バスパック)
・その他食事/ロッカーなど:1700円
Total:9000円位
<今日のゲレ食>

キングベルで豚角煮カレー 1300円
豚角煮とカレーが別居してるようだ。角煮は妙に甘い。すげーボリュームなのは流石フォーリナー仕様。メニューも一新されてた。
<総括>

今年の俺の空回りのよーなはしゃぎ過ぎ感覚はちょっと異常だ。
色々予感はしてたが、いざ北海道を離れることが現実味を帯びてくると、周りの景色も違って映ってくる。
滞在した土地に馴染むのは得意だが、北海道は本当に自身の人生を大きく彩ってくれた。まさに最強の楽園だ。

ところで、かもい岳スキー場が先月末で閉鎖したらしい。北海道にも公営スキー場はかなりあるが、恥ずかしながら、そのスキー場の名は今の今まで存じなかった。
東西に分かれた10コースを保有する中規模ゲレンデ。ぜひ一度訪れてみたかった。
週末は日高国際に行ってみたい。シーズンラスト営業だし。
楽天で注文してる秘密兵器が間に合うか、だな…
<今日の学び>
カービングは斜度に合った骨盤の動きを操る能力が重要である。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード