≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【博多天神】



◆ラーメン 500円

◆えいけん的ランク:"B"



◆こてこての博多らーめんが食べたいっ!そんな時はやっぱおいら的に『博多天神』に直行や。

100%とんこつなスープは見た目とは裏腹にクリアでライト。でも芯のあるコクがあとからやってきて腹にずっしりたまります。素材勝負の飾らなさが武器で、ひとつひとつに決め手はないが、決め手がなくてもその良さは繁盛振りでわかる。これが決め手なんやろな。個人的には、黄身まで塩味の染み込んだしょっぱいゆで玉子が大好き。こーいう玉子が食べられるとこってらーめん屋に限らず、今はあまりないよな~。



さて、リピート記事で内容が少なかったのでまたちょっと思いついたことを書きます。



日本も高度成長期が落ち着き、バブルがはじけ、景気は未だに不安定なところがありますが、社会に生きる人々の新しいスタンスはこの時代にきてひとつ確立されつつあるような気がします。

誤解を恐れず極論を言えば、”人間は社会で生きていくにあたり、明確に役割分担される時代が来た”というふうに感じます。



将来を担う子孫をつくり、また教育に傾倒する者。あくまで経済を追いかけ、国を安定させようと維持する者。はたまたステータスを持たずに奔放に街を徘徊する者…。



これまでも人々には ”自分やその周りに相応した” 役割が与えられてきてましたが、それはあくまで環境がそうさせたという、受動的・帰納的なイメージが強かったような気がします。これに対して現代はもっとアグレッシブに、個々が自ら望んで(とは言い切らんかもしれんけど)ひとつのライフスタイルに自分を当て込むことがより自然になったというコトなんでしょう。そして、そうやって生きていくのが人間にとって生涯を全うするという偉業であることに取って変えられたという考え方もできます。

これは、時代が人々にこういったスタイルを求めるようになったのではなく、気がついたらそうなってしまっていたという表現のほうがしっくりくるのではないでしょうか。



人間(特に日本人)って、みんなが意識している以上に合理性が身についているのかもしれません。そして、その能力に磨きをかけた人類はこれからどこに向かっていくんやろうか…



◆大ガードから小滝橋通りを大久保方面へ歩いて、すき家の角のさらに次の角を左に曲がってすぐ右に曲がるとあります。

住所:東京都新宿区西新宿7-15-17/最寄り駅:西武新宿駅
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード