≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【一代元】(First Real)

一大元090404
◆熟成とろ玉ラーメン(中盛)+手作り焼き餃子      680円+105円+370円

◆久米川駅近くの新青梅街道添いにそびえるお店で、HPで確認すると関東を中心に結構チェーン展開してるよーですな。

スープは基本2種類あって、あっさり東京風の“鶏ガラ白”か、こってり東京風の“豚骨黒”を選択するらしい。他にも味噌や韓国風など多岐にわたってて、最初はちょいと分かりにくいと思う。今回は“豚骨黒”をとろ玉(味玉)付けて中盛でオーダー。
うっすらコラーゲンの膜ができてる豚骨スープは、さらっとした味わいでクセがありません。ちょっと塩味寄りなのが気になる印象やけど、女性やお子さんでもOKな味やね。
麺は細めちぢれタイプで、ちょい柔らかめなせいか、コシが弱いかな。インパクトがないんでもう少し工夫が欲しいところ。
デフォルトのトッピングもかなり淋しいな…。唯一とろ玉に関しては、白身がぷにっ+黄身がとろっとしてて、麺に絡めるとうまい。

ついでにサイドメニューとしてオーダーした餃子は、皮が厚めのどこか家庭的な味で、パリっとした食感はありませんがニンニクは結構効いてます。

よくも悪くもチェーンの普遍的な味ってイメージです。 ところで、最近のらーめん屋さんには“中盛”を選べるとこが増えてる気がします。30歳を過ぎたおいらの胃袋的には、“大盛”よかずっと手軽に選択できるのがうれしい。そもそも定義の難しい“大盛”と区別されるってことは、頼んだ後でそのボリュームにがっくりすることが少ないしね。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆久米川駅北口から向かって真っすぐ新青梅街道へ出たら、渡って東(西東京方面)へ。
住所:東京都東村山市栄町1-22-8/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:00~26:00
無休


【ガッツラーメン】(4th Real)

ガッツラーメン081230
◆ラーメン(中) 630円

◆う~ん、これはあまりレビューしたくなくて、ずっとペンディングにしてたものなんやけど…。夏の終わりに食べに行った久米川のガッツラーメンですが、『一体どうしたんや?』と驚愕してしまうくらいレベルの低下に驚かされてしまいました。スープから背脂が消えて、すっきりと云うより拍子ぬけしたよーな薄い豚骨味に変貌。それでもたぶん卓上の生ニンニクとか入れたら深みが出るんかもしれませんが、これまで生ニンニクに頼らんでも十分美味しかったここのらーめんを知ってるだけに、ただ何もできずに現実を受け止めました。
さらにメンマがトッピングから消え、これまでしっかりしたスープになじんで違和感のなかったちぢれ細麺も、変哲のない野暮ったいものに感じられ、“ナチュラル寄りなラーメンショップ”みたいなジャンクな魅力はどっかにすっ飛んでしまいました。

今年の最初に訪問してから9か月…どこのお店も原価高騰で大変なのはわかる。値段も各50円程値上がりし、そのぶんクオリティが維持されるなら致し方ないと思うけど、この格差はかなりショックでした。次に来る時には景気も回復して、きっと以前のよーな味が楽しめると信じたい。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”(RANK DOWN)
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・ラーメン(並)   530円
・ラーメン(大)   730円

◆西武新宿線久米川駅南口ロータリーから真っ直ぐ、突き当たりの交差点(三叉路)を左に曲がって3分ほど歩いたら右手に見えてきます。
住所:東京都東村山市栄町2-26-8/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:30~26:00
火曜日休み


【ぎょうざの満州】(First Real)

ぎょうざの満州081114
◆満州ラーメンと餃子 550円

◆いやぁーずっと食べてみたかったのさ。やたら西武沿線の駅チカで見かける『ぎょうざの満州』。べたな中国服の女の子( “ラ” ーメンとチャーハ “ン” から取って “ラン” ちゃんていうらしい)ががトレードマークのお店。ふふっ、よーやく行ってきたさ。

オーソドックスならーめんと、このお店のウリ“3割うまい”餃子のセットがあったんでそれで。それにしても安っ!!特別価格なんやって。
ほんのり甘味の感じるガラ醤油スープ。ぼてっと固まりになった柔らかい食感の麺。とにかく安っちい具(特にネギ)、ちょうどその時の自分のテンションとシンクロしてしもうたのか、どれを取っても気に入りました。

餃子は看板メニューだけあってデカイなあ…。ちょいと皮が固いけど、流れ出るスープは昔懐かしい旨さです。同系列チェーンの中では中の上てとこか。それよりも熱くて舌でろでろになってしもた。

このお店の餃子は、埼玉県坂戸市にある工場で作られてるらしい。『山田うどん』と同じく、埼玉出身のチェーン店なんやね。
まあ場末のらーめん屋さんて感じで、お世辞は言えんレベルですが、安いながらに愛を感じる出来やと思う。貧乏学生時代に出会ってたらよかった…。
そーいや、昔おいらの運命を変えた学生街のオンボロらーめん屋さんのことを思い出してしまった。入口の前にゴミ箱がいっぱいあって、おいらも最初はかなり抵抗感あったんやけど、今もやってるんやろか。
おいちゃん元気やといいが…

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
あれこれ試したくなる位豊富なメニューがあります。

◆駅南口正面のロータリーを突き当ったら右に折れて少し入った右手。
住所:東京都東村山市栄町2-19-17/最寄り駅:久米川駅
営業時間:11:00~22:00
無休


【らーめん たつ】(2nd Real)

たつ081005
◆たつ麺(塩とんこつ) 600円

◆夕食を食いっぱぐれたまま夜遅くなって、『このまま眠るにはちょっと腹へったゼ…』てな時に思わず立ち寄りたくなるらーめん屋さん。数年ぶりに訪問してきました。オーダーしたんはやっぱり看板の『たつ麺』。
やや塩が強調されぎみで舌触りはしょっぱいかな。とろみのある独特なスープで、味もちょっと人工的な感があるけど、お酒の後にはまあちょうどええのかもしれません。豚骨独特の臭みもありますが、これは好みが分かれると思います。
とんこつにはうれしい極細麺はスープとバランスがよく、ぐゎつぐゎつかっこんでしまいますな。値段もリーズナブルやけど、ボリュームも少なめです。普通に食べたいときは替え玉必須やろうけど、そーいやおいらはこのお店で替え玉したことないな~。トッピングはねぎが相性いいです。他は特筆なし。

そーいや、“塩とんこつ”て一時期ちょっとブームにもなった気がする。あれって結局ブレイクせんかったんやろか?このお店は万人受けしそうな間口の広さがあります。お腹があったまって、“ほっ”と小さな幸福感を胸に帰路へ。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆アクセスは久米川駅南口ロータリーから右手の通りに入ってすぐ右側にあります。えんじ色ののれんが印象的です。
住所:東京都東村山市栄町2-10/最寄り駅:久米川駅


【ガッツラーメン】



◆チャーシューメン(並) 700円

◆えいけん的ランク:"B"



◆おいらにとっての2008年は、今後の人生における大事な分岐点となる年のようです。これに呼応して日常がやたらと急がしいんやけど(言い訳)、見にきてくださってる方々のためにも、今後できるだけらーめんブログは更新していきます。



さて、“昼間のガッツ”を訪問してきました。このお店、昼と夜では作り手の方が違うよーで、二つの顔をもつお店です。

ちょっと贅沢にチャーシューメンをいったるか!てことで。昼ガッツのスープは脂が気持ち少なめでさっぱりしてます。さすが女性が作る味ですな。揚げニンニクの風味が全体に広がって、食欲を増進させるいいスパイスを醸し出してます。

チャーシューそのものはスタンダードなものですが、安さの割にめいっぱい乗っかってて満足感があります。チャーシューが丼の周りを囲んで器を隠し、スープがチャーシューの内側に沈んで輪郭を浮かび上がらせるのは、ビジュアル的にもとても美しいと思いました。



◆西武新宿線久米川駅南口ロータリーから真っ直ぐ、突き当たりの交差点(三叉路)を左に曲がって3分ほど歩いたら右手に見えてきます。

住所:東京都東村山市栄町2-26-8/最寄り駅:久米川駅

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。