≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【東京チカラめし】 Eiken's Rank:"B"

チカラめし130228
◆焼肉カレー    500円(フェア価格)

◆ファストフードのカレーは一般的にあまりうまくなく、そのお店の本来のメイン素材やトッピング(トンカツとか焼き肉とか)に助けられたメニューが多い。このチカラめしもメイン素材である『焼き肉』が主役なのは否定しないけど、ちょっと他のお店とは違う。

このカレー、実は全然辛くない。でも焼き肉にデフォでかかってる辛みダレがぴりっと効いてる。これがかかった焼き肉をカレーと一緒に食べると、驚きの心地よい辛さに変化する。らーめんのWスープにも似た、合わせ技の妙がこの焼肉カレーで味わえるってのはすごいと思った。

◆ボリュームも凄い。でかい器になみなみのカレー。敷かれた焼き肉もたっぷり一人前あって、ご飯が足らんくなるほど。B級だがよく研究されてて、ジャンクなのにめっちゃうまい。幸福感が素晴らしいと思う。こーした期間限定価格じゃないと、ついコスパのいい焼き牛丼を食べてしまいがちだけど、この焼肉カレー、隠れた逸品であることは間違いない。

※東京チカラめしのホームページ

スポンサーサイト

【カレーハウス CoCo壱番屋】 Eiken's Rank:"A"

ココイチ130103
◆ビーフカレー+ほうれん草  580円+200円

◆2013年あけおめでごんす。今年は色んな事が起きそーな、移り変わりの年になりそーです。

◆年始、ココイチでランチ。メニューはおいらの定番であるビーフ&ほうれん草ですが、今回はオーダー時の裏技である『ルー多め』をお願いしてみた。ホールのお姉さんは笑顔で快く承諾。いえい。

※ここで解説です。意外に知られてないのでおいらも半信半疑でしたが、ココイチはご飯増量と違って、カレールーは無料で増量ができます。吉野家のつゆだくと同じ感覚なのですが、いかんせん都市伝説のようなマイナーネタのため、おいらも注文時はドキドキでした(笑)

で、やってきたのがコレ。写真じゃ分かりにくいけど、明らかにルーがなみなみと増量されていて感動!これで白ご飯が終盤余ることなく、たっぷりココイチカレーを堪能できそうやね。

◆…としかし、結果としては『うーん。次回はどっちでもいいかも』と思いました。
理由は、ご飯とカレーのバランスが崩れてしまい、かなり気を使って食べないとルーがかなり余ってしまうことに!おまけに今回はビーフの量がかなり多く(ルー増量すると具も増える?!)カレーライスと云うより、具だくさんカレールーを腹いっぱい食べました!って感じになってもたんよ。自分でお願いしといてアレですが。

これが手仕込みとんかつカレーとかだと、いい感じのバランスになるのかな?でもポークソースはおいら的には甘めであまり好みではないんよなあ…難しいところ。

◆所沢東口にある店舗でしたが、とても店員さんやお店の雰囲気が良かったです。

【ココイチのホームページ】

【カレーハウス CoCo壱番屋】 Eiken's Rank:"A"

ココイチ120630_2
◆ビーフカレー+ほうれん草  580円+200円

◆今までレビューしてませんでしたが、おいらは関西出身なので、ココイチカレーが大好きです。特にビーフカレーのもつ、とろみのあるルウとコクがたまらんっす!

◆おいら的にお気に入りのトッピングは『ほうれん草』と『きのこ』です。きのこは震災以来、放射能汚染が酷くてマッシュルーム以外食べられんくなってもたけど、ココイチは原材料の産地をアナウンスしてくれるので少し安心です。昔はちょっとカレースタンドにしては高めの印象でしたが、いいものはそれなりに値が張って当然なんやないかな?などと今更ながらに感じ始める今日この頃。

ココイチ120630_1
◆手仕込カツカレー   880円

◆こちらは肉厚で衣サクサクなちょい豪勢カツカレーです。カレー屋さんのカツはいまいちな処が多く、ココイチも多分にもれずってとこですが、この手仕込カツカレーは豚肉の甘みがおいしい。ただポークカレールウはやっぱりおいら的にちょっと物足りない。。。

◆この日は新秋津駅そばのお店に行ってきましたが、とてもうまかったす。御馳走様!!

※ココイチのホームページ

【札幌スープカリー ひげ男爵】 Eiken's Rank:"B"


◆今度は札幌にやってきました。今年下期はちょっと出張が多めなので更新が遅れ気味です(イイワケ)。でも今度は10年振りの北海道なので、ちょっとわくわく。出発前日は『北の国から2002』を観なおして予習しておく。


『純は…あいつはそんな奴じゃないよぉ~!!』

うーむ、五郎おじさんのまっすぐな台詞にはいつも心動かされます。…て今回は富良野行かんけどね。



ひげ男爵111214
◆肉男爵カレー  1230円(ランチ時は-100円)

◆札幌最初の食事はスープカリーにしてみた。大通り公園近くにあるカレー屋さんです。
この日の天気は晴れで、雪は少しべちょっとした感じ。思ったより全然寒くなく、足元だけ注意すればOKかな(と油断してたら、翌日以降は極寒の天候やった…)。
お昼前に到着。店内はゆったりした感じで、ちょうど席空いた。漫画がいっぱいあるのはうれしいけど、ランチ時で待ち客も絶え間ないので、さくっと食べてこ。

ひげ男爵111214_2
◆『肉男爵カレー』は、チキンレックとソーセージとポーク角煮が入る、超肉食系堪能メニューです。こいつを3辛でオーダー。おいらスープカリーは全然詳しくないけど、名物なのでちょっと楽しみ。

いや~これはボリュームあるなあ。色々具が入ったスープで、辛さは3辛やとぴりっとしてておいら的にちょうどいい感じです。野菜はどれも大型で、歯ごたえもシャキシャキして食べ応えがあります。

3種類の肉は、個人的にチキンが気に入りました。パリパリ皮で肉はジューシー、いっけん食べにくそうに見えるけど、スプーンで綺麗に肉が骨からはがれる。

これは完全に具が主役ですね。どれも主張が強いのばかりで、どーもカレーでまとめたとゆうより押しこんだというイメージ。スクラッチな感があるけど、これはこーいうものとして食べればいいのかも。

ごはんは麦飯。白飯よりは水分少ないから相性は悪くないと思います。

初回としてはとても満足です。さて、午後からちゃんと仕事せねば。今回の訪問は3泊予定なので、色々北海道の素材を使った料理を楽しみたいです。

札幌十和田湖111214
◆飛行機から青森の十和田湖が綺麗に見えたので、おまけ。


▼札幌スープカリー ひげ男爵の情報

◆住所:北海道札幌市中央区北一条東2-5-12 (札幌駅から10~15分)
◆営業時間:11:00~15:00  17:00~22:00
◆定休日:不定休

◆その他主なメニュー
・チキン          980円
・ポーク          1000円
<曜日限定メニュー>
・ベー玉チーズ(月水金)  990円
・牛すじの煮込み(火木土) 990円

【自由軒】 Eiken's Rank:"B"

◆なんば出張二日目の夜は、梅田での仕事を終えてから閉店時間ギリギリに滑り込んだ『自由軒』です。ここも大阪名物と云われるだけあって、外観から内装まで、これまた歴史がありそーなお店です。

なんば11
◆名物カレー   650円

◆スパイシーなドライカレーて感じです。米一粒一粒に味が付けられてて、食感はもっちりしてます。柔らか牛肉としゃきしゃきタマネギがたっぷり入ってる。卵でマイルドに、ソースで引き締まる。そしてぴりっと辛いスパイス感。

◆感動的とまではいかないが、大阪のソウルフードなんやろね。ノスタルジックな印象は大阪になじみの薄いおいらでもどこか感じるものがあった。でも何に一番歴史を感じたって、カウンターに座っておられた見事な髪形のお婆さん(失礼)でした。

◆意外に洋食屋さんのよーな様々なメニューがありました。殆ど皆さん名物カレーか、もうひとつの別カレーてのを食べてるよーでしたが…。サイドメニューにもちょっと惹かれたけど、出張滞在の夜は短いので、次のお店に向かうべさ!!ごちそーさま。

自由軒のホームページ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。