≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【あきばカレー工場】 Eiken's Rank:"B"

あきばカレー工場110622
◆あきばカニクリームコロッケカレー(並盛)  650円(ランチタイム)

◆あれ?ここってゴーゴーカレーのお店やったのに閉店したのかな?でもちょっと気になるので入ってみよう。どーもお店の雰囲気もサービスもカレーのスタイルそのものもゴーゴーカレーとそっくり。ブランド変更というか拡張したんかな…でも運営会社は違うみたい。初回は看板メニューのカニコロに挑戦です。

◆見た目はほんとにゴーゴーカレーそのままですが、黒くなく、コクもライトやな。スパイシーではあるけど、粘度はこれも高い。ウスターソースが強い気がする。キャベツもわさっと添付されてますが、こっちのカレーのが合うかも。カニコロは表面さくっと、中身はとろりで、カニ風味もしっかりしてます。単独で充分うまいけど、カレーとの相性抜群…とまではいかない。全体的な完成度は、さすが看板だけにうまいです。並盛でもご飯300gとボリュームもなかなかです。

◆昼なので安かったし、トッピングクーポンまで頂きました。ここは“1”のつく日がお得になるそーです。て、しまった昨日やん…
それにしても、何があきばなんやろ?よーわからん。インパクトはさすがにゴーゴーカレー(金沢)には劣るけど、この価格でオリジナリティと品質なら全然リピートしたいと思いました。

※あきばカレー工場のホームページ

【炒伽哩】 Eiken's Rank:"A"

ちゃおカリー110612
◆ポパイCurry(中盛り)   880円+100円

◆今日から1週間、梅雨明けした沖縄に出張です。そんな訳でちょい浮かれモードなので、浜松町で『炒伽哩』を食べてくことにしました。

◆おいら的に一番よく食べてる、お店でも定番のポパイカリーを中盛りで。ふんわり卵と炒め玉ねぎのコク、スープとフュージョンしたほうれん草の食感、そして完熟トマトの酸味が見事です。あと忘れてはならないのが、キュウリ漬け。この異質な酸味がうまくアクセントとなって、やっぱいつ食べてもおいしい。

◆ここで初めてマンゴーラッシーも飲んでみた。ヨーグルトベースなのか、ちょっと酸味強めかな。炒伽哩のカレールウはさらりとしてて、デフォやと辛さもそれ程でないので、あまり調和しないのかも。

さてお腹が満たされたんで、東京にしばしの別れを告げ、1年半振りの飛行機に乗ってきます。

【炒伽哩】 Eiken's Rank:"A"

炒伽哩110206
◆ポークトマトエッグCurry(中盛り)    1040円+100円

◆ちょうどお昼時に浜松町にいく用事があったんですが、汐留ビルディングに『炒伽哩』の店舗があるやんか!てなわけで行ってきました。ビジネス街の一角とゆーこともあってか、池袋や江古田とは違って、白を基調としたシックで落ち着いた印象の店内です。

◆ホームページにはなかったんで、もしかすると浜松町店のみかもしれませんが、数量限定でポークCurryという見慣れないメニューを発見。0.4秒でこれに決めました。

ルウはポットに入ってて、基本的にご飯と分かれて出されますが、何故かちょこっとだけご飯の中心にルウがかかってるのが特色。あと何気に箸休めの干しブドウや卓上のきゅうり漬けは、地味やけど侮れません!

ポークは塊肉がごろっと入ってて、しっかり歯ごたえはありながら、スプーンで分断もできる柔らかさ。チキンCurryとスタイルは似てますが、より動物っぽさがあります。

炒伽哩110206_2
◆トマトは酸味と甘みがぎゅっとつまってて、カレーのスパイシーさと見事に調和してます。素材もええんやろけど、改めてトマトと合うカレーっていう事自体がすごいな…と感動しました。
たまごもふわっとしてて味も深く、ルウとご飯を繋ぐ媒体効果は高い。煮込まれた玉ねぎも自然のおいしさ。このカレーの主役はポークでも、盤石な土台を形成してるのは野菜全体のうまみですな。

でも久々に食べてみて、中辛って意外と辛かったんやなと感じました。ルウはスープ寄りなので乾いたご飯との相性抜群。中盛り(400g)はかなりボリュームあるんで、男性向きやと思います。それにしてもうますぎる…。ごちそうさまでした。

【COCO'S ツインカレー】Eiken's Rank"B"

ココスツインカレー100905
ツインカレーA(タイレッド&グリーンキーマ)     1029円

◆夏のフェア商品で、今年は3種類のカレーからチョイスができるそーです。おいらはタイカレー好きなので、タイレッドは確定。もうひとつは、欧風ビーフにモッツァレラチーズが乗ったものでおいしそーやったけど、普段食べられなさそーなグリーンキーマのほうにしときました。

◆真ん中にターメリックライスで仕切られた二種類のカレーソースは、ファミレスとしては本格的でうまい。特にタイカレーはココナッツミルクベースで鶏肉とタケノコの食感がええですな。オクラも相性Good。グリーンカレーはややマイルドで、ひき肉の割合が結構高く食べごたえがあります。どっちも辛さ表示は高めでしたが、大人ならなんなく食べれるレベルやと思います。

◆値段はちょっと張るけど、COCO'Sでいつもこの季節に食べたくなるメニューです。


ココスハンバーグ100905
<おまけ>ビーフハンバーグステーキ      571円

◆こっちはグランドメニューで、看板のひとつのよーです。レアで焼かれた状態で来るので、焼石に乗せて好みに合わせた焼き加減で食べれます。表面はうまく焼かれてハンバーグの体をなしてますが、ナイフを入れるとたちまちぼろっとくずれます。味は肉々しくジューシーでとってもおいしいです。ビーフ100%やとハンバーグてのはこういう味になるのか…と改めて感心した次第です。

【ゴーゴーカレー】Eiken's Rank"A"

ゴーゴーカレー100609

◆ゴーゴーカレー(エコノミークラス)+ロースカツトッピング  550円+0円

◆世の中には色んなカレーがあります。おいらは特に日本風・欧風・タイカレーを好んで食べますが、新宿界隈に多く展開するこのゴーゴーカレーは、アメリカンっぽいお店の外観(ダイナミックなゴリラのイラストと、黄色を基調とした派手な看板)とずいぶん違って、ちょっと普通と違った日本風です(金沢カレーとゆうらしい)。

ちょっと前にランチ(開店~夕方5:55までゴーゴータイムとなり、一部メニュー100円引き)で新宿東口店に訪れた際、トッピング無料券てのをもらったので、今回は西口店のほうへ行ってみました。
トッピング券は何でも1つ無料らしく、太っ腹やな~と感心しつつ、やっぱりここは王道なロースカツにしました。

◆色は黒くてご飯に張り付いたようなもったりしたカレールウは、濃度・粘度とも非常に高く、最初はやたら喉が渇く印象でした。スパイシーさはあまりなく、じっくり小麦粉を炒ったよーな感じですが、いわゆる代表的な日本風カレー(お蕎麦屋さんとか給食で見られる黄色いヤツ)とも違います。

スプーン機能を兼ねた、どこか昔懐かしいフォーク。あらかじめウスターソースがかかった、香り立つロースカツ。衣間の空間はなく、薄めながらも熱々のカツはこのどろっとしたルウにぴったりハマる。

うまい!!

デフォルトやとご飯が余りがちですが、カツ等のトッピングがあると、ご飯とのバランスが良くなります。千切りキャベツは、こてこてカレーの箸休めに丁度ええ感じ。

クセがある割には最初特に何とも思わんかったけど、ここ最近食べにくる機会ができてから、ここのおいしさにハマリ始めてきた気がする。ガッツリ男子系のカレーです。

◆メニュー
・ゴーゴーカレー(ヘルシークラス)  500円
・ゴーゴーカレー(ビジネスクラス)   650円
・ゴーゴーカレー(ファーストクラス)  750円

・ロースカツカレー(エコノミー)     750円
・チキンカツカレー(エコノミー)     750円
・ウインナーカレー(エコノミー)     750円
・エビフライカレー(エコノミー)     750円
・メジャーカレー(サービスメニュー) 1000円

※ゴーゴーカレーのホームページ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード