≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【炒伽哩】 Eiken's Rank:"A"


おいら的にかなり“カレーのスタンダード”からは外れてますが、時々無性に食べたくなるカレー屋さん『炒伽哩』の吉祥寺店に行ってきました。
吉祥寺店はオープン当初から『炒伽哩』やったみたいでしたが、このお店の前身である『夢民』(誰がなんと言おーと、おいら的には“ゆめたみ”と読む!)系の姉妹店は、数年前に独立したよーで、今では『夢民』本店以外はすべてこの『炒伽哩』という名称となったそうです。おいらの頭の中では『夢民』とゆー名称が根強く残ってて、未だにそう呼んでしまうんですが…


それはさておき、秋口やったんで、限定の『きのこカリー』(以前レビューしてますが)があるかな~と思ってたんですが、やっぱりありました。昨年とはちょっと中身違うよーで、オクラとか蓮根まで入ってるらしい。くぅ~っ食べたいなあ…。でも、今回はオーソドックスにほうれん草系がええんやけど、どうしよう。

と、思ってたらもうひとつ限定メニューが。なんと、このお店では珍しい牛肉を扱ったカレーがあるやないか!『炒伽哩』が牛肉カレーて、一体どんな味なんやろ…てな訳で、これに決定!







うっ、うめぇ~~~っス!!

ビジュアルはしっかり牛肉ライズされてますが、野菜の風味や旨味を食ってしまうことなく、優しく控えめな柔らかいお肉です。キャベツの甘みと最適食感がまたええですな。卵のふわふわ感がカレーソースにからまってて、至福のうまさです。ちなみに3辛にしてみましたが、最初はマイルド、後々じわりと辛さが追いかけてきます。おいら的にはスパイシーさ最適だす。
それから個人的好みですが、後半になったら卓上のきゅうり漬けを添えて食べると、舌が刺激されて至福感2乗になります。


ランチタイムやったんで、コーシーとかラッシーとか一品付けられるんやけど、おいらは中盛り(400g)変更にしました。けっこうボリュームあって、ぱんぱんになりました。

炒伽哩081030
ビーフ野菜エッグcurry(中盛り/3辛)  1100円+20円

炒伽哩081030_2
チキンエッグほうれん草curry  980円

下のほうの画像は奥さんがオーダーした『チキンエッグほうれん草』。大きくカットされたほわほわチキンがこれまたんまい!あー…ほうれん草はやっぱこのカレーと最高に仲ええなあ。

このお店って、いつも色んなメニューが食べたくてすごい迷ってしまうんやな。
どうせなら、ハーフ&ハーフみたいに二つのソースが楽しめるメニューとかできるとええんやけど。オーナーさん、万一このブログご覧でしたら是非とも検討をお願いします!

「インド式チャオカリー」のホームページ

「インド式カレー 夢民」のホームぺージ

【炒伽哩】 Eiken's Rank:"A"



まいど!今日は気分がええんでちょっとカレーレビューなんてもんを書いてみました。Rev.1とかなってるけど、以後継続するかは未定やけどね。



高田馬場に大元の本店がある、インド式カリー『炒伽哩』(“ちゃおかりー”と読む)野村ビル店に行ってきました。



このお店、以前は『夢民』(“むーみん”と読むらしいが、おいらは敢えてずっと“ゆめたみ”と呼んでいた)とゆう名前やったんやけど、なんや最近リニューアルしたみたいで、メニューは同じやけど改名されたようです。『夢民』は本店でのみ名乗られ続けてるらしいです。相変わらずかっちょええネーミングセンスやなあと、個人的には感心してしまいます。



さて、このお店には期間限定メニューがちらほら出てきます。今回も限定メニューの『きのこベーコン野菜エッグカリー』(960円)てな長ったらしい商品をオーダーしてみました。辛さは1Hotで。



このお店の特徴は、インド式とありながら、一般的にイメージしてるインドカリーとはずいぶんと違います。どっちかっつーと少し前に流行ったスープカリーに似てて、有機野菜を使ってるのでとてもヘルシーやし、特徴的なのに日本人好みっぽく仕上がってるとゆう、かなり面白いスタイルを持ってます。おいらもカレーは大好きやけど、どっちかっつーと日本風や欧風、タイ風が好きで、インドカリーはそんなでもありません。なのに、このお店の変化球カリーは大好物です。



甘みのある程よい柔らかさのキャベツ、ふわふわの卵、旨味を閉じ込めたベーコン、そしてたっぷりのきのこがそれぞれの味を引き立てて、さらに不思議な香りを纏ったピリッとしたさらさらスープが、具と一緒に水気を少なくして焚かれているご飯を優しく包み込んでくれます。いわゆるビーフカレーとかカツカレーみたいな強い肉のインパクトがなくても、充分存在感のある美味しいカリーが出来上がってます。これってすごいことやないかな。あと邪道かもしれませんが、おいらは個人的に卓上にあるきゅうりの漬物がよくカリーに合うと感じます。あまり入れすぎるとカリー本来の味が薄まってしまうので注意が必要ですが。



他には、ポパイカリーや、ベーコン野菜エッグカリーなどのスタンダードメニューもお勧めです。ここのお店は食べてみるとかなり好き嫌いがはっきりしそうやけど、普段あまり外でカレーを食べない一般的なカレーのイメージを持っている人、または本格カリーを中心に食べる人にこそ訪問してほしいと思います。



場所は西新宿野村ビルB1です。その他、池袋南とか江古田とかにもあります。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。