≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺処 ZERO】(First Real)

ZERO110911
◆らーめん(醤油/太麺)   680円

◆ビルの地下にあって、バーを改装したよーな雰囲気のお店。なんか中国系の不思議な香りがする。ここでおいら、事前情報収集を誤ってしまい、『うだつ食堂』のやうな甘み角煮肉を期待してたものの、最近(?)メニュー構成が変わったらしく、デフォのらーめんにはこれが入ってなかった。ショック…とはいえ、代わりに分厚いチャーシューが付いてますが。

ゆずの効いた優しめの豚骨スープに魚粉がざっと入ってます。返しの醤油はあまり感じられない。出汁が薄味なせいか少し物足りなさがあり、食べながらつい魚粉と油に頼ってしまう、妙なジレンマを感じた。

麺は細麺・太麺と選択できます。今回は後者にしたところ、全然太麺じゃなかった。でもスープとの絡みは悪くない。むちっとしてて水気のあるタイプで、この浮遊感のあるスープにはぴったりて感じがする。

チャーシューはこれでなかなかのレベルやと思うが、すっかり胃が角煮モードやったのであまり印象に残ってません。もやしや海苔はかなり無機質で、スープや麺との違和感が大きく、味も薄まってるかも。

基本性能は全然悪くないだけにちょっとくやしい訪問となった。機会があれば、今度は角煮が食べれるメニューに再挑戦したい。


◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・野菜たっぷりタンメン  780円

◆駅北口(2F)から伊勢丹方面へ。『てんや』脇の階段を下りて大通りを左に数軒歩いた左手地下。
住所:東京都立川市曙町2-5-17/最寄り駅:立川駅
営業時間:11:30~22:00(土日祝は21:00迄)
無休



スポンサーサイト

【らーめんチキント】(First Real)

チキント110827
◆鶏肉らーめん(大盛)   830円+50円

◆最近まったりならーめんライフですが、立川に行く機会があって、これは萌えてきた!(おいら的には立川はらーめん超激戦区)。未訪問の『ZERO』にしよかと思ったが、Webでトレンド探してたら、新店の『らーめん チキント』(変わった名前…)が人気らしい。路線変更や。ちょうどお昼時やったけど、行ってみたらナイスに一席だけ空いてました。

鶏肉らーめんてのは、いわゆる鶏チャーシュー麺みたいです。あと、これでもかいってデカイパネルに『大盛り 50円』とあったので、これもいっとく?

うおおぅ、これは美しいビジュアルです。鮮やかな緑色のネギと三つ葉もいいね。
鶏白湯魚介で無化調、濃厚とあれこれキャッチーやな。ちなみに並は150gで大盛225gだそーです。

スープは粘度が高く、確かに濃厚っすね。鶏エキスは適当な濃さで食べやすく、くどくなる一歩手前で抑えられてます。また魚介でうまく中和してくれるので、鶏風味が少しスポイルされてますが、これは好みやと思うので、スタイリッシュに食べたい女性なんかは好きな味かも。

これに対して、麺は細いストレートタイプ。このフルボディスープに耐えられるんかな?と思ったけど、意外にも絡みと相性は絶妙でした。おいらとしては、ぶちっと歯ごたえのいいストレート麺がキライなわけがない。たっぷり堪能です。

鶏チャーシューはあぶった煮豚で香ばしいです。豪快に5枚も入っててCP的にはまったく文句ないけど、これがスープ以上に味付け濃いため、中盤から飽きてくる。もう一方のトッピングであるつくねの方がおいしーかな。

ともあれ、細かな課題を除けば、オールマイティで丁寧な仕上がりの“優等生テイストのらーめん”でした。それだけに、競争率の高いこの街で、他店を差し置いて絶対リピートしたい!って脳が考えるだけの吸引力は弱いかも。あと椅子がバーみたくビミョーに高いので違和感があった。ホール丸見えやしね。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・らーめん       680円
・すぺしゃるらーめん  980円
・つけ麺        750円

◆駅南口左手のグランデュオ沿いに、ゲーセン角の路地を入ったすぐ左。
住所:東京都立川市柴崎町3-4-9/最寄り駅:立川駅
営業時間:11:00~15:00  17:30~21:30(日曜日は昼営業のみ)
月曜日休み



【宝華らぁめん】(First Real)

宝華100711
◆中華そば   650円

◆ここも立川では昔からある有名なお店。お店見つかるか不安やったけど、お昼時で行列してたんでまるわかりやった。『青樹』訪問した直後やったんで連食やけど、行くか!!

何を頼んでいいんかわからんかったので、メニューの最初にある『中華そば』で。ちなみに後で知ったんやが、ここは油そばが名物みたいやね。

さて、やってきたらーめんはまさに『中華そば』という名称にふさわしい、素朴なビジュアル。そしてお味のほうは、これでもかっちゅー位雑味のないすっきりしたスープ、昔を思い起こさせる懐かしい香りのちぢれ麺、そして旨みずっしりのチャーシューやメンマ、透明感と存在感が見事な、隠れた逸品のもやし。

徹底的にスタンダードを追求させてみたって感じの仕上がり。奇をてらう事はしないけど、しっかり腰を据えたブレない味。強烈なインパクトこそないが、こういうらーめんを食べさせる店は今なかなか見つからんと思う。築地の『井上』にも少し似た雰囲気ですが、ここはもっと自然な味。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・油そば         630円
・チャーシューメン  850円
・キムチらぁめん   700円
・餃子          350円
・麺大盛        100円

◆南口から多摩モノレール沿いに南へ少し歩いてすぐ西に折れる。更地(?)の真中にぽつんと立っているお店。
住所:東京都立川市柴崎町3-7-4/最寄り駅:立川駅
営業時間:11:30~17:00  18:00~20:30(日曜日は11:30~17:30)
月曜日休み



【煮干し 青樹】(First Real)

青樹100711
◆荒煮干しそば   650円

◆立川のらーめんたま館に行ってきました。前回は『にぼぶら』やったんで、同じく煮干し系対抗馬の『青樹』にしてみよーかな。
今日の客入りは見た感じ、『井ノ庄』と『青樹』に二分されてる感じでした。『にぼぶら』はちょっと不調な感じ。

『淡麗塩』てのにも惹かれたけど、ここは看板『荒煮干しそば』のほうで。

シャープな煮干し風味と、ほんのり鶏系とろみの強調されたスープ。どちらも最大限個性を主張しつつ、やり過ぎない“ギリギリ”のラインを守って個性を出してる。豚骨も入ってるが、こっちは大人しめのベースで、バランス的も非常に丁寧なつくり。
エッジは立ってるけど、優しいぷっつりとした歯ごたえの麺は思わず箸が進みます。
チャーシューはぶ厚くて、喜多方系のよーな濃い醤油の味わい。突出はしてないが隙もない。

強煮干し系となると、どーしても八王子の『煮干鰮らーめん 圓』と比較してまうが、こっちは麺が単体でうまいので、つけ麺とか油そばのほうがおいしく食べられるかも?全体的にかなりバランス感のええらーめんやと思う。上品ながらしっかり食べた感もあるんで、おいら的には『にぼぶら』よりもオススメ。


◆えいけん的ランク(総合評価)“B”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・荒煮干しそば肉入り  900円
・淡麗塩煮干しそば   700円
・煮干し油そば     680円

◆駅南口から左手にグランデュオづたいに国立方面へ。二差路を右側に歩いて、JRAが見えてきた頃、左手アーバンホテルの1Fが『らーめん たま館』です。中に入って右手前が『青樹』です。
住所:東京都 立川市錦町1-2-16/最寄り駅:立川駅
営業時間:11:00~26:00(日曜:9:00~21:00)
無休



【にぼぶら 鏡花】(First Real)

にぼぶら100328
◆にぼぶらスペシャル(大盛)   850円+50円

◆立川にある、おいら的お気に入りのオーガニックテイストならーめん屋さん『鏡花』の姉妹店が同じ立川の『らーめん たま館』のテナントのひとつにできました。駅から遠くはないんやけど、ちょい分かりにくい場所でした。店内には4つのらーめん屋さんがパーテーションなしで四方に展開しており、開放的な空間です。

カウンターに座ると、ぶわっと煮干しの強烈な香りが鼻孔を刺激します。やってきたらーめんは背油が乗った、少し薄色の醤油らーめんというイメージ。ただそのスープを飲んでみると、これだけ煮干し風味があるのに、不思議と特有のえぐみはなく、まろやかでこくのある醤油のうまみがしっとり口の中に広がってきます。脂もけっこう浮いてますが、口どけほんのり甘く上品で、まったくしつこさのない後味すっきりの洗練された感があります。ふうむ、さすがは『鏡花』…!

麺は少し平べったいストレートタイプで、食感は“つるっもちっ”とした、まさに鏡花の麺そのものの上等な小麦の味わい(麺は鏡花よりやや細め)。このスープにはちょっとあっさりめな組み合わせかも知れませんが、ひたすら食べやすい。

ちょっと残念やったのはチャーシュー。“らしからず”スジが入ってて固く、噛みきるのにちょっと苦労します。メンマも風味・味ともいまいち個性がない。ただ味玉は黄身が濃く、外は固ゆで&中は半液体状態とゆう職人技で、思わずうっとりするおいしさ。“スペシャル”やとチャーシュー増量・味玉付きとなりますが、これなら味玉だけでえーかな。

上品なだけに、波がなく大盛にすると後半になるに従い飽きてくる。カウンターの張り紙に書かれたお勧めの食べ方に則り、胡椒を二回半振りかけてみると、確かに味は変化するが…。
このタイプのらーめんは、いわゆる燕三条系になるんかもしれんが、素材がええのが逆にインパクトを弱め、がっつり食べたい人には向かないかも?意外に好みが分かれそーならーめんやな。おいら的には本家のほうが10倍好みでした。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”
   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・背脂煮干し濃口醤油ラーメン にぼぶら  700円
・背脂薄口醤油ラーメン ぶらぶら      650円
・背脂煮干し味噌ラーメン 味噌ぶら     750円

◆駅南口から左手にグランデュオづたいに国立方面へ。二差路を右側に歩いて、JRAが見えてきた頃、左手アーバンホテルの1Fが『らーめん たま館』です。中に入って左奥が『にぼぶら鏡花』となってます。
住所:東京都 立川市錦町1-2-16/最寄り駅:立川駅
営業時間:11:00~26:00
無休



10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。