≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【キッチンスズキ】 Eiken's Rank:"B"

Kitchenスズキ101205_2
おすすめランチ(G:カツレツ/ロース)      890円

◆ずっと気になってた清瀬の有名な洋食屋さん。普段(平日とか)なかなか来れなかったんやけど、とある冬の暖かい日曜日のブランチで訪問する機会がよーやくできました。この日は12時オープン(通常は11:30)でしたが、日曜でもランチやってたのはうれしい。28席/14テーブルと、店内の導線もゆったりめのレイアウトです。12時ちょうどでも先客二組で、その5分後にはファミリーでいっぱいになりました。本読みながらゆっくり待つか…。だだいま12:05なり。

◆12:30にランチ登場。ライスはギュッと密度高く意外と多いです。スープと味噌汁をいずれか選択可なので、今回はスープで。わかめと玉葱のいかにも喫茶店ぽい、ライトな味わい。

◆メインのロースカツレツは、衣はソフトで薄めやのにカラッとしてて、裏面には胡椒がまぶしてあり、ピリッとする。デミソースてのがおしゃれやね。最初はソースのかかってないカツをそのまま食べる。
ソースなしやとさくさく感があってうまい。塩・胡椒がほんのり効いてて、実はソースなしでもおいしいのだ。ロースの割には脂身は少なめで、分厚い肉質をしっかり堪能。
デミは舌にまとわらず、コクあるのにしつこさはない。苦みとワインのような上品な香りを口の中に残して、すーっと消えて行く。一般的なデミグラスに馴染んでしもてるお子様には物足りないかも知れんけど、ここは素晴らしく本格的なソースやな~と感心。カラシともケンカせず、一緒に食べると味の層が重なって、さらにおいしい。このお店のカツは、肉そのものよりこれをバックアップする媒体に感動するね。

◆食後も揚げ物にしては重くなく、とても丁寧な仕事に感激しました。洋食屋さんて、普段あまり時間もなくてゆっくり行く機会ないけど、なかなかいい。精算のときに厨房の奥をちらっと見たら、コックさんが忙しく調理して、奥さん(?)が手早く盛りつけしてました。ホールはたぶん娘さんで、ご家族経営で頑張ってる感じがします。

Kitchenスズキ101205_1
↑リーズナブルなランチメニュー

◆今度はカキフライとかいってみたいな~。でもこーいうお店って、一人より家族できたほうがいいかな。等々、色々考えながら、快晴の初冬の空を見ながら、散歩して帰りました。


◆住所:東京都清瀬市松山1-20-8
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
月曜日休み

【ステーキハンバーグ&サラダバー けん】
Eiken's Rank:"C"


けん101101_2
けんステーキ(150g)             1050円

◆最近TVで社長さん(やったかな?)が、他のファミレスやステーキハウスに対し高い競争力を持ち、最近めきめき拡大してるとゆー特集を見て、そーいやうちの近くにもあったな…と思い、家族を連れてその真価を確かめるべく行ってきました。

◆ここの強力な強みは、メインの他に、ライス・カレー・スープ・サラダ・デザートが食べ放題なこと。クーポンとかもあるんで、実質ドリンクバーまで無料というサービス。それにしてもこれはシンプルながら思いきった戦略や。実質的にメインの他にカレーライスが食べ放題で付いてくるんで、ハラヘリ君なんかには最高やろな。

◆さて、カレーのほうからコメントするんも変やけど、話の構成上ご容赦ください。写メ撮り忘れたんやけど、でっかい角肉がゴロゴロしたとろみのあるカレーです。ちょっとスパイスに欠ける(子供も食べれるよーにしてんやろね)ので、あまりたくさん食べたくなるタイプではないけど、やっぱりこの値段での提供は、“凄い”の一言に尽きる。

◆しかし、ちょっと残念やったんはメインであるステーキのほう。焼き方はレアを推奨し、ウェルダンがないとゆうこだわりやけど、そのレアで食べてみると、レアとゆーより生焼けに近く、そもそも肉質的に固い部位で食べにくく、とーぜんながら旨みも弱い。

◆サイドメニューで差別化するんもええけど、サイドはあくまで付属品。顧客がステーキハウスに一番期待するんはやっぱりステーキやと思う。ちょっと辛口評価になってしもたけど、ステーキそのものの品質向上に期待したいところ。いち消費者としては、ここの戦略には大いに称賛したいんで、これからもがんばって欲しいです!


けん101101_1
チキン・マッシュバジルソース(180g)   1170円

こっちは相方がオーダーしたチキンステーキ。皮がぱりっとしてて、バジルのいい香りがしました。ちょっと残念な結果ですが、実は看板のステーキよりクオリティ高いよーに感じました。

【利久】 Eiken's Rank:"AAA"

利久_極定食090314
極定食   1600円

◆1月から始まった仙台ライフですが、来たる3/20を以って無事終了することとなりました。振り返ればあっという間の期間やったなあ。仙台という街はおいらの人生においても特に印象に残ることとなりそうです。

◆そこで、食べ歩きも終盤っつーことで、ひとつ自分にご褒美を与えてみよっかなと。一度食べてみたかった、『利久』の極定食です。

利久_極定食090314_2 はう…まさに牛たんの極みですな。

◆通常の牛たんでもこのお店のものはすごいのに、さらに2倍以上の厚みがあるタンの塊を、表面を炙った後で丁寧にカットされ、中はミディアムレアの仕上がりで血がしたたってます。その歯ごたえはまるでとろステーキ(それは言い過ぎか)のよーに柔らかく、旨みあふれるジューシーな肉汁。でもタン特有の歯ごたえもしっかりと楽しめるとゆう、贅沢なランチです。

◆仙台では高額なランチに部類されるやろーけど、東京でこの値段はむりやろね。こんな分厚いたんを食べる機会は、もしかしたら人生でもうないかも知れん…そう思って、じっくり味わって頂きました。

◆貴重で思い出深い、3ヶ月間の仙台ライフでしたが、何年も経ったらいつかまた訪れたい街です。まだラストではありませんが、とりあえず仙台からの日誌は、本レビューを以って最後にしたいと思います。未UPの画像やレビューの続きは東京に戻ってからとゆーことで。でわ。


◆住所:宮城県仙台市青葉区本町2-6-13(本町店)
営業時間:11:30~14:00 17:00~23:00
無休

【炙屋十兵衛 S-PAL店】 Eiken's Rank:"A"

炙屋十兵衛090228
究極の親子丼  1000円

◆最近のレビュー、らーめんよりも和洋食が増えてきてると気づいたあなたは鋭い!…実は付近のらーめん屋さんはあらかた回ってしもたんで、訪問する意欲のわくお店が見つかり辛くなってきたんっすよ。仙台は密集地域なんで、多少遠方でも歩っていける距離ならどこでも行くんやけどね。

さて、今回のレビューは、仙台に来る前からマークしてた、マンションから5分の距離にある『炙屋十兵衛』です。このお店、以前はらーめんとかも取り扱ってたみたいやけど、現在は夜のお酒メインになってしもたらしく、一人でお酒飲むんもな~…と、ずっと行きそびれてしもてました。それが、ガイド本で仙台駅ビルのS-PAL地下に支店があり、『究極の親子丼』がランチで食べれることを発見!臨むトコやで!!

◆場所はすんなり見つかったんやけど、周囲のお客さんは何故か入る様子がなく、なんか店の中からかけ声が…従業員の朝礼やろか。えらい気合い入った店やな。でも開店時間過ぎてるんやけど…。

◆店名どおり炙った甘く香ばしい鳥肉と半かたの3個も使ったふんわり卵、そして多めのだし。ご飯もふわりと卵に絡み、上品ながらもしっかりと丼として一体となった逸品です。味付けもちょうどよく、食後のくどさとかもまったくなし。さすがに有名店だけのことはありますな。親子丼で感動したのは、8~9年ほど前に人形町で食べた『玉ひで』以来かも。その時知ったんやけど、お店の親子丼って、基本玉ねぎ入ってないもんなんやね。
ちなみにランチタイムは11:00~15:30となってます。夜は親子丼も値段が変わるので、うっかり注文に注意…あると思います。(by天津木村氏)

◆住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅ビル エスパルB1
営業時間:11:00~23:30
無休

【かふく】 Eiken's Rank:"B"

かふく090226
もりそば(三枚)  700円

◆仙台で見つけた、明治16年創業の蕎麦處(そばどころ)です。ファミレスが幅を利かすまで、ソバ屋は日本では代表的な茶店だったそーですが、おいら的に普段ひとりではめったに入りません。入っても蕎麦を食べず、かつ丼とかカレー丼とかに目がいってしまいがちなんですが…
このお店、錦町交差点の南東に位置するちょっと小洒落た佇まいですが、どーしても自家製名物メニューのもりそばを食べたくて暖簾をくぐりました。何故なら…!

◆男の夢やった…(うそ)。なんとこのお店、そば追加一枚につき50円と、今時信じられない良心価格なんです。ふつう何人前も注文すると値段もかさばってきますが、このお店やと三枚でも600円+50円+50円。すっ、すばらしい!こんな体験はそうそうできるもんではないっっ!!

かふく090226_2
◆一気にいっちゃいました。

卵白と山芋の白麺は、蕎麦粉の比率は低めなのか香りは弱く、くせもないつるっとやわらかなのどごし。一枚の量はやや少なめ(普通のお店の2/3位か?)やけど、塔みたく積み重なったせいろの雰囲気がいいよね。豪快にまず素で、二枚目ではねぎ、三枚目ではわさびで変化をつける。
つけ汁は鰹だしベースやと思う。食後は口の中にねぎの香りが残る。
最後はソバ湯を入れて完飲。

◆ごつっ!ふう…たまには蕎麦もいいもんや。

◆その他のメニュー
・ざるそば       650円
・天ざる       1500円
・カツ丼        900円
・チキンカレー丼   700円

◆住所:宮城県仙台市青葉区本町1-14-16 家福ビル2F
営業時間:11:00~20:00
日祝日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。