≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【Memory of 仙台Life 24】

六三四090227
◆特製味噌らーめん(大盛)  780円+100円

◆夕飯どきやったんで、ちょっと混んでました(このお店は出来上がりも結構時間がかかる)。今回はもう一方の看板『特製味噌』にしてみよーかな。

背脂+濃いめの味噌でがっつり食べたいときにはええね。ごま油の風味もあって、なんか粕汁みたく、ほっぺに閃光が走るよーなこっくりした味わい。
麺は太めの卵麺で、スープの熱ですぐ柔らかくなってしまうけど、そのぶん味噌が染み込んで、これはこれでうまい。さすがに大盛やと量が多く、膨大なねぎやもやしにも負けてない。
後引くスープを先行でぐびぐび飲んでしもうたせいか、後半ちょいとキツかった。

食べたんが開放的な金曜夜やったんで、満足感上乗せ!帰ってバタンきゅーでした…

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”

   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・むさしらーめん        660円
・味噌らーめん        680円
・醤油らーめん        550円
・塩らーめん          550円
・特製らーめん(むさし風)  760円

◆住所:宮城県仙台市青葉区上杉1-3-23
営業時間:11:00~22:00(日祝は20:00まで)
土曜日休み

【Memory of 仙台Life 23】

壱萬屋090224
◆辛味噌ラーメン 800円

◆仕事が切羽詰まってしまい、思わず飲みに行った(何でそーなる?)その帰りのこと…。しらふの時には決して見つからなかった昔ながらのお店、『壱萬屋(いちばんや)』がふっと目の前に現れた。地図上にはあるのに実際は袋小路になってる。ドラクエとかの隠し部屋みたいで、初めての人は絶対迷うぞ~

オーダーしたんは『辛味噌ラーメン』。酔ってたんでちょっと味覚に自信がないねんけど、とうがらしがどーんと乗っかってるが辛くはなく、炒め野菜にからめた卵とじが味噌とうまくフィットして、とてもまろやかです。また軽いだけでなく、クリーミーで深みもあってうまい。
麺は太めの角ばったタイプ。最初は透き通ってるけど、徐々に熱で色が付いてゆき、食感もプツプツとした味わいに。ただボリュームはかなり少ない。
もやしと挽き肉はしんなりしてます。野菜の甘みがよく出てます。

これまで食べた仙台味噌味とはちょっとカテゴリが違う気がした。でも家庭的さもあって、どこかほっとする味かな。お酒後の口直しにはうまいよ。


仙台生活も残り1ヶ月を切って、時の早さに改めて気づき、ちょっと焦りを感じてしまう。心地よい軽雪が舞う仙台の街は、すっかりおいらの第四の故郷みたいな印象になりつつあります。
…改めていい街やと、思う。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”

   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・焼き海老入り辛味噌ラーメン  850円

◆住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-7-6
営業時間:19:00~27:00
日祝休み

【Memory of 仙台Life 22】

山頭火090218
◆まかないらーめん(あとめし付)  850円

◆旭川の有名らーめん屋の『山頭火』です。仙台オリジナルメニューがあるっつーことで行ってみました。

その名は『まかないらーめん』。内訳は、らーめん+あられの乗ったご飯とゆうシンプルなもん。
まずらーめん。『山頭火』としてはイメージとかけ離れた、浅い青色の丼にやや少なめの塩とんこつ。そしてなんか違和感があるなと思たら、鰹節の粉が控えめに振られてる。これがほんのり和風味を演出するんやけど、このときは『なんで魚粉?』かぴんと来なかった。
仙台店の麺は麺そのものがやや太めやけど、気持ちやわめに芯を残した麺の固さはバランスがよく、東京のお店と違和感はなし。ただ、箸で滑ってちょっと取りづらい。
チャーシューは分厚いのが3枚。そして基本メニューには入ってない味付玉子がまるまる1個入ってる。中はとろ~り液体の濃い味わい。

そしてまかない。特に食べ方は載ってなかったけど、まずは麺を頂いて、残ったスープにごはんをIN!
なるほど…魚粉と味玉はここで活きてくるんやな。これはねこまんまそのものや。
和風塩とんこつスープとごはんと玉子を絡めてレンゲで頂く。相性は悪くないな。そしてこの場合、便宜上スープを飲み干すことになるんやけど、途中で『もおええわ…』と思うほどテンションが下がった。まあごはんを残すのはおいらのポリシーに反するので、ちゃんと平らげたけどね。

ようわからんが、“なんか違う”てのがおいらの印象でした。『山頭火』はどのメニューも満足できるものばっかやし、あえてこのメニューを選択する理由はありえないな。あと全体的に仙台としては価格が高め。

◆えいけん的ランク(総合評価)“C”

   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・しおらーめん      790円
・みそらーめん     790円
・しょうゆらーめん   790円
・半分炒飯        100円

◆住所:宮城県仙台市青葉区一番町4丁目7-1
営業時間:月~木 11:00~24:00
       金~土 11:00~24:30
       日祝   11:00~21:00(不定休)

【Memory of 仙台Life 21】

味玄090217
◆とんとろ肉らーめん(中盛)  800円+100円

◆ご近所の『味玄』へ二度目の訪問です。ちょっと目についたメニューである『とんとろ肉らーめん』をオーダーしてみました。

スープは相変わらず存在感のある熟成醤油って感じで、ぴしっと突き抜けて強い余韻を残してくれます。これは上品さよりも不思議な中毒性があるなあ。そしてスープに張られた薄い脂は熱を逃がさん効果もあるみたいで、最後まで熱々です。これに染み出したとんとろ肉汁でうまみも手伝って思わず完飲!

麺は控えめでおとなしいけど、メインのスープをうまく受け止めた淡白な味わいです。

そして何より、とんとろが反則なくらいウマイ!!これまで出会ったどのとんとろよりも最強に柔らかくて、まさに“豚のとろ”という名にふさわしい。表面を軽く炙ってあるので、風味が醤油スープと一体になってこれまた香ばしい…。他のトッピングはいまひとつパッとせんけど、このお店の無化調スープと炙りとんとろは、まさに出会いのものと呼べるんちゃうかな?いやはや感動ですわ。

◆えいけん的ランク(総合評価)“A”

   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・チャーシューめん(醤油)  750円
・味噌らーめん         700円
・塩らーめん           600円
・さっぽろ味噌らーめん    800円
・特製醤油らーめん      850円

◆住所:宮城県仙台市青葉区上杉1-1-30
平日 11:30~15:30 17:30~22:00
土祝 11:30~20:00
日曜休み

【Memory of 仙台Life 20】

満天090211
◆超こってり味噌らーめん  735円

◆『満天』へ再訪してきました。よく考えたら前回訪問からちょうど一ヶ月が経過してた。すっかりこの街の雰囲気が落ち着くよーになってしまったなあ。順応てゆうのは恐ろしい。

さて、味をしめ始めた“仙台味噌”とのミックスを食べたくて、『超こってり味噌』をオーダーしてみました。仙台味噌特有のライトな味わいに、ほんのりだしが効いてます。これに鶏のこってりスープが融合して、口あたりは爽やかなのに胃にどっしりくる、一風変わったスープに仕上がってます。
透明感のある麺は仙台のすっきり味噌とよく合います。今日はチャーシューがとても新鮮に感じられ、脂身なんかは出来のいいロースハムみたいに感じられました。

『超こってりラーメン』よりも大人な仕上がりになってますが、インパクトよりも地元の安心感を味わいたい方にはこっちの方がお勧めかなって気がしました。

◆えいけん的ランク(総合評価)“B”

   スープ 
      麺 
 トッピング 

◆その他主なメニュー
・超こってりラーメン       630円
・こく旨味噌ラーメン      700円
・大とろラーメン         800円
・チャーシューメン       700円
・満天そば            650円

◆住所:宮城県仙台市青葉区三条町12-3-101
営業時間:月~土 11:30~14:30 17:30~23:00(スープなくなり次第終了)
          日 11:30~17:30(スープなくなり次第終了)
年中無休

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード