≪ 2018 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -  2018 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


◆エリア:キロロリゾート(北海道)
◆訪問日:2017/12/9
◆ジャンル:スノーボーディング
◆Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:4
施設充実性:3
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:4
付加価値:4

今年の札幌は雪が降りやすい天気が続いてて、過去50年でも記録的にハイペースな状況だそーです。しかし毎年なんらかの記録的現象やってんなー…
当然雪山も積雪量が多く、本日からのハイシーズンも文句なしのコンディション。

今回はキロロのバスパックを利用。乗客数は行きは6割、帰りはほぼ満席。
有栖川有栖の「双頭の悪魔」をポケットに、キリキリ出っ発でぃ!

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:21+αコース(初級37% 中級37% 上級26%)
(当日の状況)
12/9(土)…晴れのち雪
気温…-13℃
積雪…山頂240cm
路面状況…パウダー
降雪…30cm

キロロは今日から全てのリフト/ゴンドラとコースが稼働。
2年振りに行ってみると、キロロカードなるものを発行された。ICチャージタイプで札幌国際同様、個人情報も記憶される。

いつも灰色のキロロにしては珍しく快晴、おまけにかつてない位ゲレンデが空いてるー

スキーセンター着が10時過ぎてたので直ぐに滑りたくて長峰エクスプレスへ。


スタートは長峰第2Aから。

非圧雪の長峰第2Bもコースが拡がって自由度が高くなった。


雪質もふかふかで上質。
しかし、久々のキロロなので一通りコースを滑っておきたいので、4本程で山麓に降り、キロロゴンドラで朝里山頂へ。

朝里エリアはかなり気温が低く、電池パックを換えたiPhoneでも落ちやすい。

こっちは一部雪不足のコースも。

そうそ。パノラマからエキスパートコースに入ると、パウダーライドなるエリアが現れた。

完全非圧雪で広域、ツリーも少ないのでダイナミックに滑走できる。ここって新しく出来たのかな?インフォではキロロリンク(センターエリアへの連絡コース)が新しくOPENて書いてたけど、長峰エリアといいパウダーライドといい、今年のキロロはなんか違うぞ!

パウダーライドいいじゃん!
ただ都度ゴンドラ乗る手間と、エリアへのアプローチが平坦で面倒いけど。

午後からは雪になった。この景色はキロロらしい。

個人的お気に入りの余市第2B。あっちゅう間に終わるコース。
朝里経由はアクセス悪いので、山麓から余市第1エクスプレスで。その前に間違えてファミリーリフト乗ってもた…

そして15時過ぎるとライトアップされ、優しい時間が始まるとともに、昼の短さを実感させられる。
経営が変わった事も影響したのか、以前より全体的に好印象でした。
あとどーでもいいが、インフォメーションのお姉さんが凄い美人だった…ハーフの人って間近で見ると凄い。しかも話しかけたら日本語ペラペラだし(当たり前や)。
<コスト編>
・リフト料金(日帰りバスパック):6100円
・その他食事/ロッカー代など:3000円
<今日のゲレ食>

ツナクリームパスタ 1100円
山頂Cafeにて。まあインスタント感アリアリ。

ザンギカレー 1280円
昼パスタでお腹すいてきたので、山麓レストランにて。ザンギは微妙だがカレーが意外にかなりスパイシーで、後から旨さがくる。中国人好みのテイストのよーな気がする。
<総括>


NEVER SUMMER SWIFT2016-17を解禁。カッコ良過ぎ!

春の試乗会とは違い、バインディングがFORCEで重く、トーションも固い気がする。
従い、
オーリーはフレックスに少々違和感があるも、自然に跳べた。Nirvanaと同じWキャンバーだが、キャンバーのピークがバインの外側にあるせいだろう。キッカーは試してないが、グラウンドではジャンプしやすかった。
トリックもディレクショナルのイメージとは裏腹に意外としやすい。もともとギアが軽いせいか180もトーションに頼らずともOK。
スイッチも問題なし。バインディングのアングル(角度)をむしろもっと平行にしてもいー位だと思った。
カービングはNirvanaに少し及ばずとも安定感あり。157cmという長さとバインディングの重量によるものかも。

そしてパウダーは凄い。ただ凄い。
ディレクショナルで長く広めのノーズが浮く浮く。パウダーを切り裂くビジュアルもあまりに美しく、つい足元を見てしまう…笑
総合的に、超オールラウンドボードでありながら、最終的には完全にパウダー寄りのスペックだ。カービングもかなり高速でもバタつかないし、トリックもクセはあるものの制御しやすいが、やはりスワローテイルは新雪フリークのためのギアなのだ。

個人的には、今の自分に最もしっくり来る、「出逢いのギア」だと感じた。
この冬もっともっと使いこんで、がっつり使いこなせるようになるぞー!



◆エリア:サッポロテイネ(北海道)
◆訪問日:2017/12/3
◆ジャンル:スノーボーディング

今年は去年と打って変わって、全国的に白銀の到来が早い様子。あちこちのスキー場OPENの便りが聞こえてくる。
来週から札幌国際もバスパック開始になるし、今週はテイネに行こーかな。
マイカーだとDoor to Doorで1時間と地下鉄よかさらに便利。

◆Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:5
施設充実性:4
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:4
付加価値:4

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:15コース(初級30% 中級50% 上級20%)
(当日の状況)*ハイランド
12/3(日)…雪時々晴れ間
気温…-2℃
積雪…山頂130cm
路面状況…パウダー
降雪…13cm

8時半に到着。国際と違って待機してる人が多いけど、OPENした後はオリンピアといー感じにバラける。

ハイランドは北かべやネイチャーゾーン以外は開放。プレシーズンでこれは頑張ってますな。


凄い!朝から雪が降り続き、コース全域が半非圧雪状態だ。
特に上部(シティビュークルーズなど)の雪質がヤバイ。快適すぎる。
ファーストトラックにカービングで斬り込むのが楽しい!これぞパウダーの醍醐味!

男女回転はパウダーの下にアイスバーンが…

ブランチの後はオリンピアに降りて3本遊び、またハイランドに戻る。


そーいやまたSnowayセットし忘れてた…
およ。最高速度50.9kmて…


時たま見れる青空。天空の城みたいな景色。

そして雲海に覆われた国際だかキロロが遠くに見える。これがテイネの美しさ。

最後はネイチャー含め4本。14時に撤収。
<コスト編>
・リフト料金:3800円
・アシ:マイカーの為燃料費のみ
・その他食事など:1250円
<今日のゲレ食>

カツカレー 1100円。
OPENから5本滑ってスキーセンターへ。カフェテリア「スカディ」は10時にもう開いてた。
カレーは辛くなく食べやすいが、スパイス感が足りないかな。ちなみにカツ2倍大盛カレー(1800円)てのもあったが…

<総括>
今シーズン、よーやく80%位のドライブがかかってきた。
昨年の国際キッカーで負傷してた左肩の痛みが今日のテイネで消えた!?
今回もがっつり筋肉痛がきそうだ。
テイネもICカードだけど保証料制度は今年からなくなったらしい。
あと2回目半額キャンペーンが今年もあるので、さっそくルスツかサホロに使える。
さて来週はどうすっかなー



◆エリア:札幌国際スキー場(北海道)
◆訪問日:2017/11/23
◆ジャンル:スノーボーディング

2017-18シーズン到来です!
今年は11月までふつーに秋で、先週から一気に冬になった感じ。スキー場はいつもファーストOPEN予定の中山峠11/10が雪不足で延期になり、11/17札幌国際が一番乗りでした。
しかしながら、最初の週末マイカーではとても行かれん大雪になり、ちょっと風邪気味だったので一週遅らせることに。

◆Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:5
施設充実性:4
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:4
付加価値:4

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:7コース(初級30% 中級50% 上級20%)
(当日の状況)
11/23(木)…雪
気温…-2.7℃
積雪…山頂150cm
路面状況…パウダー
降雪…15cm

札幌は雨…まあ山はへーきだろとあまり考えず出発すますた。
雨は止んで朝7時半には国際到着…早すぎた。殆ど従業員しかいないけど、施設には入れた。
今年は降雪タイミングがよかったのか、営業2日目にして全コースOPENとの事。
そして何と、札幌国際は今年で生誕40周年との事。凄い歴史だな…
8時半にはチケット購入。ゴンドラステーション並んでたら9時5分前に営業開始。3台目位かな。こんな早く国際入ったの初めてだが、リフト券で並ばない分いいかも。


殆どシュプールのないゲレンデ。しかも今季初。
アドレナリンが身体中を疾走するー
とはいえ、過去4年散々滑りまくったスキー場なので、新鮮さはすぐになくなり…



滑走記録アプリをいくつか試してみたり…
3mキッカーにチャレンジしたり…
ディスクカバーなくなったと焦ってたら車のそばに落ちてたり…(よかった…)

メインゴンドラとエコークワッドリフトの2本しか動いてないので、うまく来ないと辿り着けないメルヘンコース。

山頂は雪質まずまずだが、山麓は水分多めでやや悪路。ダウンヒルはまだコブにはなっておらず、パウダーが楽しい。
しかし一年振りとはいえ筋肉が悲鳴を上げている。そしてもの凄いエネルギー消費だ。
初回なので無理せずすごすご早めの撤収。
「再戦だ!!」by 橋本真也
「彼は、甘い」 by 藤波辰爾

シーズンインは、使い慣れたheadのギア。
NEVER SUMMERは12月以降まで温存。
<コスト編>
・リフト料金:3200円(くるトク特典2-5回目)
・アシ:マイカーの為燃料費のみ
・その他食事など:1200円
<今日のゲレ食>

定番のカツカレー 1080円
<総括>
今年もまた、個人的にいくつか秘密兵器あり。
次回以降、小出ししていきます。
北海道で暮らし始めた時、体力低下や仕事事情もあって、SBをガチでできるのはせいぜい5年と思ってた。そして今年が北海道五度目の冬…今年こそ本当に最後かも知れない。
だからこそ、限られた時間で悔いなく燃やせ!…じゃない疾走せよ!


先月、国際で最初に試乗したNever Summer SWIFT 2016-17モデルを購入。今日届きました。
国内ではあまり耳慣れないブランドだが、海外ではBURTONに次いでメジャーらしい。雑誌や映像でプロのボーダーがしばしば乗ってるのを見かけます。
パウダーボードは通常コスト面で敷居が高かったんだけど、シーズン終わりだったため2016-17モデルが35%オフとゆー破格のお値段でした。
新型のAllian nirvana2017-18も気になったけど、試乗会の経験から、オールラウンドタイプではなく、思い切ってパウダー特化型にしてみた。

スタイリッシュなテーパードシェイプ!
ソールカラーは悩んだ末、ブルーベースに!
ディレクショナルのWキャンバー!

夢にまで見たスワローテイルです!!
くうぅーっ
テンション上がりまくるっ
次の冬が待ち遠しいようー



◆エリア:札幌国際スキー場(北海道)
◆訪問日:2017/4/15
◆ジャンル:スノーボーディング
本州では桜も散り始めてるエリアもあるらしー中で、一昨日札幌では唐突な吹雪到来があった。前回のNirvanaの件もあって何だかもやっとしたまま冬を終わらせていいのかという想いもあり、完全に雪がなくなる前に行くことにした。…そういや4月に滑るのって初めてだ。
実はもう一つ目的があったのだが、ともあれ一ヶ月振りの札幌国際です。

◆Eiken's Rank "B"
アクセス利便性:5
施設充実性:4
コース攻略性:3
コストパフォーマンス:4
付加価値:4

◆詳細レビュー:
<コース編>
ゲレンデ:7コース(初級30% 中級50% 上級20%)

(当日の状況)
4/15(土)…晴れ
気温…6.9℃
積雪…山頂290cm
路面状況…ザラメ
降雪…0cm

国際には10時前に到着。全然混んでないけど、思ってたよか人はいる。
いかにもファンな連中どもが…!笑
なんだかんだ今季は札幌国際5回目で、くるトクポイントが8ptもあった。従い今日はリフト代無料!
一昨日こっちでも降雪けっこあったっぽいが、1日経つとシャバシャバですな。
風も10mと強めだが、晴れてて気持ちがいい。
前回ブログのとーりもうNirvanaは跳べないので、今日は今季最初の中山峠で使用したきりのheadで。
しばらく使用してないのと経年劣化、そしてワックスの問題もあるかもだが、Nirvanaとは全然乗り心地が違った。
キャンバー特性か、こんな接地感強かったかな?また重さがないためバーンでの安定感が弱め。ダックスタンスでもないのにテールがスライドしやすい。そしてツンのめる(これはゲレンデコンディションのせいか)。
ムムム…これはきちぃぞ。
ちな後で知ったのだが、春雪のボコボコ急斜面には、高速木の葉落としという技があるそーです。機会があればやってみやう。

<今日のお目当て>
11時過ぎに休憩で麓に降りてきたら、ACTIVE SPIRIT SB試乗会てのをやっていた!
申込みして身分証明書出すだけでOK。無料で2016-17モデル(60-70種類位か)を自由に試乗できる!
そしてそこには夢のスワローテイルもある!!

最初どうすっか…Wキャンバーのがいい。
フィッシュテールぽいのをチョイス。これはNever Summerてとこが作ってるSwiftというモデル。かっこいいデザインだなー

ビンディングはFLUX 81ND1N95をセットして、いざゴンドラで山頂へ。
くぅーっ 興奮するぜー!

早速試してみると…とにかく軽い!羽根のよう!152cmと短めだから方向転換しやすい。そのぶんカービングは少し弱いが、スイッチとか簡単なグラトリはむしろツインチップよりコントロールしやすい。ディレクショナルいいじゃん!

そして何気にビンディングもフィット感っぱねー。パウダーボードてこんな使いやすいのか!

さて、お次は本命のスワローテイルいくかってコトで、いかにもなスタイルのFLYING-V 160。バートンとかMOSとかないんかなーと思ってたら、FLYING-Vてバートンブランドのボード形状らしい。
中心がロッカーで両足がキャンバーなので、まあWキャンバーと云っていい。
ビンディングは普通のタイプだけど。

履いてみると、前が長いっ!でも浮かせて軸足後ろにしやすい。テールから雪が排出されてく。
長めなのでさっきのSwiftよか小回りは効かないが、圧雪エリアだとスピード出やすい。これも軽くてフレックスが柔らかいな。
これパウダーで最大出力で滑走してみたいぃー。
ギア一本につき2-3回リフト乗るので40分位で麓降りて違うギアにまた交換。やべー呑気にメシなんて食べてる場合じゃねー

…が、飛ばしすぎてちょっと疲れた。
攻めのギアばっかですねと試乗会のお兄さんに言われてしまった…笑
今度はツインチップで行こう。

TNT 156。Wキャンバーで細身のスタイル。
山頂カッコウでコーヒー飲んでから試してみる。
これはオーソドックスでクセがないかな。でもフレックスはかなり柔らかく、ノーズ180とかプレス系がやりやすそう。完全にグラトリ向けだな。

最後は自分のギアで流してシメ。
スペックそんなでなくても、使い慣れたボードていいもんだな。
14時過ぎにおしまい。朝から何も食べてないのでお腹減った…

試乗会で体験したのは結局3本だったけど、人が少なかったので競争率低くてよかった…
個人的には最初のNS Swiftがよかった。少し前にWebでチェックしてたバートンのBranch Managerてのがいいなと思ってたけど、これもいい。

でも今の所、次の本命はやっぱallianのNirvanaだ。あの重さと安定感は捨てがたい。それに2017-18はよりパウダー仕様にパワーアップしてるのが気になる。…などと、しばらく自分の中で葛藤が続きそーだな。

<コスト編>
・リフト料金:3600円 → 0円
・レンタカー:3500円
・その他ドリンク諸々:600円
〆Total:4,000円位
<今日のゲレ食>
なし!

<シーズン総括>
今季のデータを更新。訪問回数は過去最高、実質滞在日数は去年と並びました。
□訪問回数:18回
□うち日帰り回数:11回/泊り回数:7回
□実質滞在日数:26日
失意の3月ののち、さすがに今季また来る事になるとは予想してなかった。が、色んなギアを試乗出来たのは大きな収穫であり、貴重な経験だった。ボードはそれぞれが個性的で、全部乗り心地が違った。

今度こそ2016-17はCloseです。次の冬にお会いしましょう。ではでは。

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード