≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【麺屋 宗】



◆地鶏魚玉そば 880円

◆えいけん的ランク:"B"



◆和風ショットバーのような雰囲気のらーめん屋さん。いや、やっぱり和風ショットバーか?

オススメの『地鶏魚玉そば』をオーダーして、店内を見渡す。ううん、やっぱおしゃれや。畳仕様のカウンターもすごいし、トリッキー(?)な水差しやタンブラーからしておしゃれや。よく見ると女性客も多い。おしぼりも手渡しで出てくるし、券売機でないらーめん屋っちゅうのもよく考えたら最近少なくなってきたかも。



スープは塩かゆず塩を、麺は手もみボコボコ麺か中太麺を選べる。いずれも前者で。

なんや大層な岩塩を使ったらしい透明なスープはひと口すすると細めの塩味が広がって、すっと儚過ぎるほど余韻を残さず消えていきます。

揚げニンニクや糸唐辛子が風味やスパイスとしてうまくフィットしてて、食べてて飽きさせない演出を感じられます。麺は太麺というほどではなく、ライトでしつこさがない好印象な食感です。スープにも綺麗に絡んでくれるのはさすがや。

魚玉は別皿でやってきました。風味が抜群によくて、煮玉子の一つの究極形とも言えるかもしれません。魚のエキスなんで好き嫌いは分かれるかも知れんけど。炙りチャーシューも文字通り“焼豚”って感じのインパクトがあります。魚玉と並んでこのトッピングは素晴らしい。ちょっと残念やったのは穂先メンマ。浸かり過ぎて濃いめの味になってたのか、繊細なスープの印象が妨げられてた気がしました。



これで醤油味が出たらうれしいんやけどな。それから少し気になったのはスープ。最初はかなり繊細な印象やったけど、食べた後は強めの塩分の感触が舌にじっとりと残りました。あれって…???



◆早稲田口から早稲田通りを早稲田方面に歩いて、明治通りとの交差点を右に曲がってすぐ右です。

住所:東京都新宿区高田馬場1-4-2/最寄り駅:高田馬場駅

【麺屋 じげん】



◆らーめん(大盛) 700円

◆えいけん的ランク:"B"



◆馬場もらーめん屋が多く、その趣向は池袋や新宿とも違う、ある意味評価の厳しい学生に対する挑戦ともいえる方向性を感じます。そうした中のこだわりのお店『じげん』に行ってきました。ちなみに関係ないけど、おいら『ルパン三世』では、次元が一番好きやったなあ。ハードボイルドで。



さて、何にしようか券売機を見ると、『濃厚らーめん』てのが目に付いたんですが、人気があるのか売り切れで残念でした。気を取り直して、スタンダードに『らーめん』で。ここも大盛無料とうれしいサービスがありますな。

底の深い、気持ちちょい小ぶりな丼にはこげ茶色のスープが。周りには魚粉が浮いてましたが、追いうちをかけるよーに端にもどさっと魚粉が乗ってました。その味は、魚粉の量の割にはくどさの少ない、口当たりは濃厚ながらも後味はあっさりの豚骨醤油味です。豚骨は丁寧にこされたクリアなテイストで、やや強めの醤油がインパクトを出してるかな。魚粉を使った組み合わせとしてはかなりニュートラルな味に属する印象で、誰もが納得できる味かもしれません。

麺は中太でやや平打ち系の、むちっとした歯ごたえでコシもちょい強めな、この手のスープに対してちょっと珍しい組み合わせかも。喜多方系ほどやないけど、独特の抵抗感があるかなと感じました。

メンマは見た目の豪快な印象とは裏腹に、繊細でどの部分も柔らかい丁寧な仕上がり。これはうまい!後で気づいたんやけど、穂先メンマが150円でトッピングできるらしい。これだけクオリティの高いメンマやったら、さぞかし…。

それから、甘い脂身と肉の歯ごたえをしっかり残した、風味豊かな炙りチャーシューもなかなかうまい。



全体的にかなり高いレベルでまとまったらーめんやと思いました。ただ、これをレプリカしたよーならーめんは巷に溢れており、“魚粉”という手軽とも呼べる媒体のおかげでこれまたお店の個性を区別するのが難しくなってきてる気がします。『渡なべ』と比べると、わかりやすい美味しさを持ってるという意味では評価できるんですが…。



◆北口早稲田通りを中野方面に3分程歩く。郵便局を左の路地に入って出口付近まできたら左手にあります。

住所:東京都新宿区高田馬場4-17-17/最寄り駅:高田馬場駅

【純連】



◆正油らーめん 800円

◆えいけん的ランク:"A"



◆交通的なアクセス事情もあってちょっと久しぶりの『純連』です。今回はいよいよ『正油らーめん』を食べてみることに。



やってきた熱々の器からは、爽やかなお酢のよーな香りと、焦がしラードのワイルドな風味が広がります。深みのある色をしたスープを一口飲んでみると、しっかり芯の通ったうまさを持ちながら、それでいて突き抜ける爽快感があります。脂分の強そーな見た目とは裏腹に口当たりは軽くて、それどころかインパクトの強いはずのラードが醤油の引き立て役に回ってるところが凄い。後にもたれないという点も素晴らしく、個人的には『すみれ』よりも一歩上やと感じました。胡椒が最初から振られてますが、これもなかなかいいアクセントやな。

麺は黄色い玉子麺に醤油の色が染みついてて食欲をそそられますな。のど越しや適度な抵抗感のある歯ごたえ、スープとの絡み等、相変わらずどれを取っても一級品やと思います。チャーシューは切り落としタイプのイメージやったけど、実際は厚切りのものが2枚。うすい色のメンマや、炒め野菜もうまい。玉ねぎが熱くて毎度火傷してしまうけど、まあこれは醍醐味やろか。



全体的には、『すみれ』の醤油と比較して、インパクトよりも総合バランスを重視した造りの印象でした。とはいえ、ベースそのものから“普通”のらーめんではないんで好みは分かれるかもしれません。おいら的には北海道系の醤油らーめんとしては現在最高峰に位置するレベルやと思います。



◆駅を出たら早稲田通りを西へ歩いて5分位かな。向かって右手に見えてきます。

住所:東京都新宿区高田馬場3-12-8/最寄り駅:高田馬場駅

【ぶぶか】



◆油生玉子そば 600円

◆えいけん的ランク:"B"



◆およそ半年振りの訪問や。といっても、同じ高田馬場にありながら別の店舗である2号店へ行ってみることに。



さて、いよいよこのお店の代表商品である『油そば』を注文。事前情報で結構“くどい”と聞いてたので、最初は無難に生玉子入りをチョイスしてみました。

全体的な感想としては、覚悟してたほどくどさはなく、どちらかというと万人受けするタイプのよーな印象でした。辛さも酸味も抑えてあり、個々の好みに合わせてカスタマイズもしやすいと思います。さすが油そばの代表店舗とも呼ばれる『ぶぶか』や。

やや太い麺はタレとの絡みがバランスよく、その食感は固すぎず柔らかすぎず、うまく食欲を増進してくれます。あとメンマが気前よくどーんと乗っかってるのもおいら的に◎でした。チャーシューも香ばしくて、すっきりしたネギと組み合わせて食べるとこれまたうまい!

スナック菓子を食べた時のよーな独特な後味が食後に襲ってくるけど、大したことはないのでご安心を。タレの旨味と油のジャンキーな風味がマッチした若者向けの商品やな。ただこの味、入りやすいけど特段強烈な個性はないかも。まだまだ安定した評価に行き着くには回数を経てないけど、とりあえずおいらの中で“代表的な油そば”というポジションにインプットされてしまった。



◆早稲田口を西へ向かって2分ほど。北側に面した通りの角に細長い店舗がかまえてます。

住所:東京都高田馬場3-2-5/最寄り駅:高田馬場駅

【中野大勝軒(馬場店)】



◆つけそば 500円

◆えいけん的ランク:"C"



◆一週間のご無沙汰ですいません。『中野大勝軒』が高田馬場にも店舗をかまえてるっちゅーことで行ってみました。



ふむ、『もりそば』と呼ばんところが東池袋系やないということやろか。500円ってのもえらい安いですな。ではその安さに惹かれて『つけそば』にしてみますか。前金制で、それも食券売機やなく、直接店員さんに支払うってのは今時ちょっと珍しいかも。



つけ汁をちょっと飲んでみました。酸味や魚粉などのどぎついインパクト系やなくて、あくまで醤油ベース(ちょっと鋭いが)のシンプルタイプです。甘みや酸味は殆ど感じられず、ダシがええ味を出してます。ああ、確かに『中野大勝軒』てこんな感じやったか…な??もう忘れたわ。

メンマはちょっと味濃いめかな。細かく切ったチャーシューはまずまず。どれも普通に美味しいけど、そこまでのよーな気がする…。

安いだけに量も普通盛やとそれ程やないけど、水分が多い麺は意外にボリューム感があって、もちもちしたコシのある関西うどんのよーな食感と透明感はなかなかすがすがしい味わいでした。



◆駅から早稲田通りに出て(道路を渡らずに)中野方面へ歩く。5~6分で左手に見えてきます。

住所:東京都新宿区高田馬場4-18-10/最寄り駅:高田馬場駅

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

えいけん

Author:えいけん
ようこそ“えいけんワールド”へ!
ここではらーめんをメインとした東京のおいしいお店を開拓してます。個人的意見ですが、仕事や学校を終えた後にガッツリ食べるらーめんは最高!至福のひとときです。

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。